岩槻郷土資料館だより㊱ 「勤学所の額」

「遷喬館」は岩槻藩に仕えた児玉南柯が、寛政一一年(一七九九)に城下裏小路に開いた私塾でした。
これが後に岩槻藩の藩校になり、藩士の子弟の教育の場となったものです。
その時期は、定かではありませんが、文化八年(一八一一)の児玉南柯の書状の中に岩槻藩の藩校となったことが見られので、この時点で私塾から藩校へとなっていたようです。
そして藩校となった際に、名称は「勤学所」と改められました。
今回紹介する「勤学所」の額は、縦一三二㎝、横三四㎝、厚さ二㎝程の木製で、右から左に「勤学書院」と大書されています。
裏面には、「文政己丑春二月」「児玉琮謹書」「篠崎徳振謹刻」とあり、「文政己丑」の年、すなわち文政一二年(一八二九)二月に児玉南柯が筆をとった文字を篠崎徳振が刻んだものであることが分かります。
勤学所に掲げられて、風雨にさらされていたためか現在は墨が落ち、彫り込んだ文字しか残っていませんが、南柯の力強い文字を見ることができます。
なお、この額の文字が書かれた文政一二年は南柯がなくなる前年にあたります。
勤学所の敷地の中に文化八年「武芸稽古所」が設立され、翌文化九年には菅神廟が再建され、徐々に藩校として整えられてきたようです。
文武両道を重んじた南柯は、武芸稽古所ができたことを書状の中で「大慶に存候」と喜びを表しています。
この額は、現在岩槻郷土資料館で常設に展示を行っているもので、遷喬館とあわせてご覧いただき、当時をしのんでいただけたらと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る