岩槻郷土資料館だより㉕ 「収蔵品展遷喬館旧蔵の典籍類」の中から

現在、岩槻郷土資料館では、「収蔵品展遷喬館旧蔵の典籍類」と題し、遷喬館に由来する典籍類を2019年7月7日(日)まで、展示しています。
今回は、この中に展示している資料を紹介していきます。
展示した資料の一つに「史記評林」があります。
これは、中国前漢の司馬遷によって、伝説上の天子黄帝から漢の武帝までを編年体で著した歴史書「史記」を、明の凌稚隆が、註釈を加えた註釈書です。
一三〇巻を五〇冊にまとめ、明の萬暦年間(一五七三~一六二〇)に刊行されました。
展示した資料は、江戸時代後期の天明八年(一七八八)に日本で出版されたものです。
この「史記評林」には「松浦伯爵家蔵書」印が押印されたものがあることから、もとは長崎県平戸藩主であった松浦伯爵家の蔵書が、遷喬館にもたらされたことが分かります。
また、中には「明治○年聴講」と付箋が貼られ、一部に「厚」の印が押されたものがあり、後に松浦家当主となる「松浦厚」氏が明治一二年から一三年にかけてこれらを聴講したことも分かります。
「松浦厚」氏は元治元年(一八六四)生まれであることから、一六~一七歳頃のことで、このおよそ五年後の明治一七年(一八八四)には英国ケンブリッジ大学に留学し、国際公法を学んだようです。
帰国後は貴族院議員を務め、旧藩内の殖産興業に力を入れたといわれています。
この資料が遷喬館にもたらされた経緯は分かりませんが、その出自の分かる貴重な資料といえるでしょう。
この他にも、多くの典籍を展示していますので、資料館におこしいただき、ご覧いただきたいと思っています。

岩槻 歴史資料 「史記評林」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  2. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  3. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  4. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る