岩槻郷土資料館だより②

岩槻郷土資料館の建物は、昭和六十年に発行された『埼玉県大正建造物緊急調査報告書』の中には、「合理主義様式を基調としながら細部にアールデコを施した昭和初期の面影を良く備えた建物である。」と評価されています。
外観は四角く、装飾性の少ない建物ですが、二階、バルコニーへの出口部分や塔屋三階の窓にもアーチ窓が見られ、屋上の庇や丸窓部分にアールデコ様式が見られます。
丸窓は直線を十字に組み合わせていますが、少しずらすなどモダンなデザインになっています。
内部にはいると事務室(現在の展示室)には丸柱や天井のアーチ、入り口内側をアーチ状にしていることや、入り口左側の応接室のドアのガラス部分には金属による花の文様が付けられるなど、装飾性に富んでいることがわかります。
受付奥の電話室の扉は、上部がアーチ状になっており、凝らされた意匠を見ることができます。
また二階の上がる階段部分も人造石を用いた手すりや床、手すりの下につけられたアカンサスを思わせる植物のデザインなど見ごたえのあるものとなっています。
館内は、入ってすぐのカウンターをはさんで、来館者の立つ床より、署員の立つ床の方が高くなっており、警察が権威をもっていた当時の世相がうかがえます。
今回は、鉄筋コンクリート部分の建物の紹介になりましたが、木造部分などについて次回に紹介していきたいと思います。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る