岩槻地方史研究会 岩槻九町について㉙「岩槻宿の商品生産」

昔も今も農業に欠かせないのが肥料ですが、江戸時代中頃の元禄期以降は商品作物の生産が増大するとともに肥料の活用が普及しています。
元文二年(一七三七)ころの上尾宿(現在の上尾市)付近の人々は、米糠は岩槻・原市・川越、灰は越谷・・行田で買い求めたといいます。
市宿町の善兵衛は、農間余業で、米や野菜などの肥料(〆粕・干鰯・魚・油粕等)渡世を生業としていました。
しかし売掛けの貸付金が滞ったので天保十年(一八三九)武蔵国内の三郡二カ宿一町十八か村の三十八人に対して訴訟を起こしています。
この時の元金は、金百十両一朱、銀七十二匁四分五厘、銭五貫九百四十五文に及んでいました。
市宿町の塩屋忠右衛門は、嘉永二年(一八四九)四月六日にほしか四表・こぬか十二表、閏四月三日に才田半俵、五月一日粕一俵、五月三日粕二俵、五月七日粕二俵、五月二十七日粕二俵、六月四日粕二俵を、真福寺村の高橋家に納品し、その代金は七両二朱七百五十文でした。
このような肥料を扱っていた塩屋忠右衛門、肴屋長吉、綿屋惣右衛門、和泉屋平兵衛らは江戸で購入し、下船に乗せて岩槻(新曲輪河岸)に運んで、農家の人々に販売していました。
灰は、質屋政吉が江戸で購入し、同じように下船に乗せて岩槻に運び、販売していました。
このころの肥料は、〆粕、油粕、種粕、灰が主流でした。
商品作物などの生産にともない農具も変化し、踏鍬は、畑を耕すのに用い、使い方は両手で柄を持ち鍬の頭を右足で踏みこみ、そして手で持って左へかえすようにして耕しました。
また、大鎌は、広野、土手、堤の横払いなど石のないところの草を刈るときに用い、立ったままで、箒でゴミをはくように横に払いながら草を刈り、その後箒や松葉かきなどで書き寄せるというもので、現在でも使用されています。
千歯扱きがなかったころは、扱橋といって二本の箸で稲の穂を少しずつはさんで扱いていましたが、扱箸よりも便利な千歯扱きはあっという間に全国に普及しました。
以上のような農具や品種の改良、肥料の改善、用水路の改修などにより生産性が向上すると換金作物の藍・菜種・蓮根・牛蒡・長芋・葱などが江戸に出荷されました。
しかし、江戸への搬入はすべて江戸の問屋を通して出荷されていたので、江戸の問屋の不当な取り扱いを受けることもありました。
そのような中で岩槻土産として江戸時代初期から世に知られていた「岩槻木綿」は、寛政期(一七八九から一八〇一)には関東三大生産地のひとつになっていました。
また、岩槻葱も「わけぎ」と称され、落語の話にもとりあげられています。
【文責・飯山実)

鋳鍬(いくわ)にて畑を耕す図

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る