岩槻地方史研究会『神社寺院調査』 岩槻の奉納石造物等について

岩槻地方史研究会では、偶数月の土曜日午前中に神社や寺院の石造物や奉納絵馬などの調査をしています。
現在は、岩槻の城と町を囲むお土居(大構)の上に鎮座する大工町(現在の本町3丁目)の愛宕神社さんの御協力を賜り境内地に造立されている石造物や奉納額・絵馬等の銘文や寸法の記録をしています。
神社の由緒、故事来歴は別稿にお譲り致し、本稿では調査結果を報告いたします。
本殿に上がる石段の右側に、ひときわ大きな記念碑があります。
この碑正面に「日清戦役殉難記念碑」と記されており、日清戦争に関係する記念碑である事がわかります。
この題字を書いた人は埼玉県知事山田春三さん、碑に文字を刻んだ石工は山田亀山さんと云うことが表面からはわかります。
裏面をみると黒浜、粕壁、三箇、内牧、平野、平野、増林、柏崎、太田、潮止、新和、桜井、荻島、武里、百間、江面、鷲宮、内牧、久喜、八幡の各町村名が読み取れます。
これらの町村は旧南埼玉郡の町村です。
各町村から出征し、戦死した人や負傷した人の名前が町村別に刻まれています。
この碑は、埼玉県南埼玉郡徴兵慰労会が明治35年3月に建設したものです。
当時の岩槻町には、南埼玉郡郡役所があった関係で愛宕神社境内に造立されたといわれています。
戦死した方のご冥福をお祈りします。
石段の右側に、お参りするときには必ず口と手などを清めるときに使用する清水をためておく御手洗石があります。
この御手洗石は、伊勢太々連(お伊勢様を信仰する人々の集まり。)の人々が、明治二十年六月ころ、岩槻の栗原石工に頼んで作成し、神社に奉納したことがわかります。
奉納した人々の名前は、背面に刻まれてます。
また、昭和五十年七月吉日にこの水舎を再建したことが記されている貴重なものです。
今一度愛宕神社に歩を進めて記念碑等をお参りしていただければ幸いです。
【飯山実】

愛宕神社での石碑調査の様子

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る