岩槻の手作り作家紹介 こころほっこり「わら細工作品」

岡崎俊二さん

岩槻区内には日本人形をはじめ、伝統ある作品を手がける工芸士たちが、数多くいる。
弊紙でも地域で「ものづくり」に打ち込む方々を紹介していきたい。
今回紹介するのは長年、わら細工の作品を作り続けている岡崎俊二さん(岩槻区西原台在住)である。
埼玉県の農業改良普及員として39年間、農家といっしょに各地域の実態調査や地域に会った作物の選定や栽培法を考えてきたという。
わら細工に取り組み始めたのは、昭和42年から。
川治温泉に行った際にわらで作られた馬が気に入り買おうとしたが、当時の値段で3600円もしてやめたのがきっかけだったそうだ。
おばあちゃん子だったという岡崎さんは、幼少期、祖母といっしょにわらで七夕の馬を作ったところ、褒められた記憶がよみがえってきた。
作り方だけが頭に浮かんでいた中、帰ってきてから自宅で作ったものが思いのほか上々の出来だったそう。それをきっかけに、他の作品づくりにも取り組んできた。
今ではオリジナル作品も含めて80種類ほどを作れるようになったが、力仕事でもあるわら細工づくりは「86歳にもなって年齢には勝てないね」と岡崎さんは笑顔で応える。
小さなトンボや亀のみならず、大きな宝船までもその手で作り続けてきたが、保存場所の確保と技術の継承が課題で、各地のイベントでの展示や地域でのわら細工教室にも力を入れてきた。
平成30年2月23日から開催される「第6回 人形の里区民総合芸術祭」(詳細は2面「イベント情報」にて)にも岡崎さんの作品が展示される予定だ。
【編集部・奥山】

作品を提供した方から岡崎さんの元へ届いた年賀状

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る