岩槻の手づくり作家紹介 生きた!人形製作 桐塑頭・胡粉作業 伝統技法の研究の道

岩槻区本丸に工房を持ち、人形づくりに励むかわにしすみえさん。
公民館などでも生徒たちへ技術を教えているが、子どものころから人形作りが好きで、あり合わせの布で人形や衣装を作っていたという。
しかし、かわにしさんの人生はけっして順風満帆ではなかった。
20代の頃に、交通事故により脳に障害を負い、人生のどん底を味わった。
そんな中、生きるためにと「自分のための人形作り」に没頭するようになり、人形教室に通っていたのだという。
その後、図書館で天然素材による人形づくりの伝統技法を知り、岩槻の大切な文化が消滅の危機にあるのに気づいたことから、「誰かのための人形作り」をしたいという気持ちが募っていったそうだ。
そしていつからか、かわにしさんは「自分の進む道は岩槻の伝統技法の継承にあるのではないか」と思うようになった。
ただ、好きだとはいっても何も知らない素人が簡単にできる仕事ではない。
そのため、かわにしさんは本を読みあさっては知識を深め、独学で伝統技法を追及。桐の粉を固める桐塑の型作りや貝の粉から作る胡粉の塗り作業などの関連技術を習得してきた。
胡粉作業について監修と指導を受けられるようになってからは、疑問と不安が薄れていったが、かわにしさんは今でも「毎日が勉強」と語る
現在、人形のまち・岩槻でも伝統技法の継承が課題になっている。
素材の確保や手間ひまのかかる伝統技法の後継者育成など、抱える問題は尽きない。
今では石膏やプラスチック製の作品が主流だが、伝統技法で作った作品を正当に評価してもらえないもどかしさや、個人のこのような気づと想いをどう伝えて行けばいいのか。
かわにしさんは未だ試行錯誤を続けている。
【編集部・奥山】

教材桐塑頭人形と本人

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る