岩槻の巨木〜その13〜 浄国寺のムクノキ

いわつき浄国寺のムクノキ

今回は淨国寺のムクノキです。
雌雄同株の落葉高木で、加倉の淨国寺の山門左側10m程の所の垣根の中にあり、幹周り3・59mの巨木です。
樹齢は180年〜230年と推定しています。
淨国寺にはもう一本ムクノキの巨木(幹周り3・21m)が、少し先の岩槻城主阿部重次の奥方正寿院の供養塔の左側にあります。
ムクノキの葉は表裏とも剛毛が生えているためザラザラしていて、紙ヤスリのようになっています。
このため、乾燥させた葉を木工製品やベッコウ細工、象牙製品の研磨仕上げに利用していました。
また、特徴のある根元を見ることがあります。
根元が一部板状に張り出し、特異な形状になっています。
これは高木になる樹体を支えるため、根元の一部が外側に張り出したもので、「板根(ばんこん)」と呼ばれています。
名前の由来は、
①幹を木製品の材料にしたり、葉を研磨に使用するので、「木工の木」からムクノキ。
②ムクドリが実を好んで食べるのでムクノキ。
③老木になると樹皮が剥がれるので、「剥く木(むくき)」からムクノキ。
といくつかの説があり、定かではありません。
秋になると、黒い大きさ1cmぐらいの丸い実がたくさん成ります。
これが結構甘くおいしいので、ムクドリの大好物です。
樹形や葉の形がケヤキに良く似ていて判別が難しいことがありますが、老木になると樹皮が小判状に剥がれるケヤキと、短冊状に縦に剥がれるムクノキで違いがあります。
また、ケヤキは板根になることはほとんどありませんが、ムクノキはよく板根になるので区別がつきます。
【森林インストラクター・桂幸一】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  2. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  3. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  4. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る