岩槻の巨木〜その7〜 新和小学校のモチノキ

岩槻 新和小学校のモチノキ

今回は、尾ヶ崎の新和小学校のモチノキ(雌株)です。
小学校のシンボルの木として校庭の南東の隅にあり、幹周り3・13mの巨木です。
通常庭木として植えられている木ですが、幹周りが3mを越えるのは珍しいものです。
私は樹齢を250〜300年と推定しました。
モチノキの名前の由来は、樹皮から「とりもち」を採ることができるためと言われています。
とりもちは、つきたての餅状のもので、木の枝に塗り付けておいたり、棒の先に塗ったりして、その強力な粘着力で鳥を獲りますが、現在この捕獲方法は禁止されています。
新和小学校は、明治36年に当地に移転しています。
当時は校庭にモチノキはありませんでしたが、昭和20年代の校舎増築の際、敷地内にあった四所神社を裏手に移転し、境内にあったモチノキが校庭に残されたとのことです。
その大きさからしてこのモチノキは、御神木だったのではないかと思います。
四所神社は難破除けの神社として知られ、船に関係する人達の参詣が絶えなかったそうです。
「昔、岩槻と大宮の間に見沼という大きな沼があり、江戸時代の中頃、慈恩寺観音に参詣に向かう船が強風のため転覆し、乗客30人余りのうち1人だけ尾ヶ崎に打ち上げられ助かり、『これは四所神社の御利益』とたいそう喜んだ」という伝説があります。
モチノキは平成26年に健康診断を受け、幹に少し空洞が見つかりましたが、まだまだ元気なようでした。
これからも、小学校の守り神として子供達を見守っていくことでしょう。
【森林インストラクター・桂幸一】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る