岩槻の巨木〜その5〜 久伊豆神社のメタセコイヤ

今回は久伊豆神社のメタセコイヤです。
落葉高木で、雌雄同株、幹周り4・38m、樹高29mの巨木です。
メタセコイヤは、昭和16年に植物学者の三木茂博士がセコイヤに似た化石を発見、「メタセコイヤ」と命名し学会に発表しました。
その後も化石でしか発見されず絶滅したと思われていた木でしたが、昭和20年に中国四川省で現生種が発見され、「生きている化石」と呼ばれています。
メタセコイヤは昭和24年に日本に導入され、翌年には全国各地に植えられています。
秋になると美しく紅葉し、メタセコイヤ並木として滋賀県高島市の並木(500本)が、「新日本街路樹百景」(読売新聞社)に選ばれています。
久伊豆神社には、境内に関東一の「大杉」と言われていた杉(樹高約50m、幹周り約10m・当時の写真から推定)があり、草加あたりからも見えたという逸話がありましたが、昭和20年代から衰え始め、昭和30年に伐採されました。
その後昭和37年、その跡にメタセコイヤを植えたということです。
ですから樹齢は56年程ですが、幹周りが4mを越える巨木になっているということは、成長がいかに速いかを物語っています。
このまま成長すれば、30年後には岩槻区最大の巨木になっていると思います。
また、境内には幹周り3・73mのシイノキ(スダジイ)、3・67mのクスノキ、3・19mのヒマラヤスギなどの巨木もありますので、ぜひ見学してみて下さい。
【森林インストラクター・桂幸一】

昭和10 年頃の大杉(久伊豆神社提供)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. ◆以下のフォームよりお問い合わせ下さい。 [contact-form-7…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 現在、岩槻や見沼区…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご意見やご感想を募集してお…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、下記店舗にも設置しており…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る