岩槻のまちづくり

さいたま市では岩槻区に対して「岩槻のまちづくりアクションプラン」を作成しています。
2014(平成26)年から始まったこのプランは、第1期が2017(平成29)年度ですでに終了しており、現在進められている第2期は2020(平成32)年度に終わります。
土台にあるコンセプトは「城下町の歴史・文化が息づくふれあいのまち」となっています。
このような取り組みの中で、ようやく形として見えてきた具体的な事例として、旧区役所跡地に建設中の「岩槻人形博物館」や、同じ敷地内に建設予定で同時期(2020年2月22日)にオープンが予定される「(仮称)ふれあい交流館いわつき」があります。
東京オリンピック・パラリンピック開催の年に、街の中心部に建設されるこれらの新しい施設を上手に活用して、今後の岩槻区全体の活性化の起爆剤になってほしいものです。
ただし、行政が進めるこのようなまちづくりプランの情報や、市民と行政の役割などが一般市民になかなか届いてないと感じている方も少なくないようです。
そのような市民の声を受けて、岩槻のまちづくりや未来に対して自由に話し合える会合「2020委員会」の開催を地元のNPOが企画し、弊紙4月号でも参加者の募集を掲載しました。
多くの市民の参加があり、2020年完成予定の岩槻人形博物館と(仮称)ふれあい交流館いわつきのオープンを岩槻全体の活性化にどう繋げられるのかを話し合う「拠点部会」と、岩槻全体の将来像を市民目線で考える「まちづくり部会」との2つに分かれて会合を重ね、自由参加で活発に話し合われています。
現在は、これまで話し合った内容を整理して取り纏め、報告書や提案書の形にするための作業に入っている段階です。
12月号の弊紙には、その経過や概略など内容の紹介ができるものと思います
一般市民が話し合って取りまとめた考え方やよいアイデアなどは、今後のまちづくりにぜひ参考にして欲しいものです。
【編集部・奥山】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    地元の福祉作業所「ふくふく」が 岩槻の新しいおみやげ品作り[caption id="attachme…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  2. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  3. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  4. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る