和土住宅の取り組み 高齢者の見守りを支える「高齢者部会」

和土住宅自治会の下廣です。
今回は、自治会の重要な部会である「高齢者部会」を紹介していきます。
本部会は、2名の民生委員と12名の住民から構成されています。
現在、和土住宅に住む方のうち、約240名が70歳以上の単身世帯もしくは二人暮らしとなっています。
ほとんどの方々が元気に暮らしている一方では、見守りを必要とされている方も少なくありません。
この見守りを必要とする方々を対象に、2名の民生委員が対象者全員の自宅を、さらに、部会員が近くの対象者の自宅を訪問し、現在の体調や生活状況などの変化をチェック。さらに、オレオレ詐欺や悪徳商法への注意喚起を行っています。
月に一度ある部会では、会員相互の情報交換を目的に対象者の近況や対応策を話し合い、新たな見守り対象者の報告もしています。
この活動を通してこれまでに体調不良の高齢者の病院への送迎支援、介護申請や施設利用の支援、ゴミ屋敷住人の施設入居支援などを行ってきました。
部会での取り組みも広まり、現在では自治会内でのさまざまな人びとの交流やつながりを基本に活動する大切な役割を担っています。
◇◇◇
次回は、自治会員の介護知識習得と医療ネットワーク(仮)の構築に向けた取り組みについて紹介します。
【和土住宅自治会長・下廣】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る