区内2大学で「楽しく岩槻を学ぶ 授業」がこの春スタート〜若者参加 のまちづくりの期待高まる その①

人間総合科学大学の47名の大学生(新1年生)が、「岩槻ものしりたい(石川会長他3名)」の案内で、4月の岩槻散策を楽しんだ。
「愛宕神社・時の鐘・遷喬館ルート」と「久伊豆神社・南辻・辻橋跡ルート」の2グループに分かれ4時間のウオーキング。
「普段、駅からの通学路の景色しか知らなかったので、旧跡を訪れる機会として良かった」、8割以上が「岩槻に親しみを感じることができた」と笑顔満面だった。
このプログラムを担当された理学療法学科の藤本先生は、その目的を「4年間通う岩槻のまちに対する理解を深め、地域交流を図ること」と話した。
準備は3月初旬から始め、区役所コミュニティ課に相談、そこで街めぐりに詳しい市民グループの紹介を得た。
打ち合わせから実施と丁寧な運びが出来、「初めてとは思えないほど準備や計画がしっかりでき、学生にとって楽しめる内容となった」と準備を担当された指導者の地元愛を感じたという。
【NPO法人岩槻まちづくり市民協議会 栗原保】
  次号に続く

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る