利根川が決壊したら 岩槻は水没する?

今年、平成30年3月にさいたま市は、「洪水ハザードマップ 利根川と江戸川が氾濫した場合」を発行しました。
それによると、羽生市の利根大堰付近が決壊した場合、決壊から30時間ほどで浸水域が岩槻まで達してしまうことが示されています。
東北道の西側と、元荒川の東側が広範囲に水没してしまうため、岩槻の中心部は浸水を免れるものの、道路が断たれ陸の孤島となってしまいます。
想定される最大規模の降雨は、利根川流域で「72時間の総雨量が491mm」というものです。
2015年9月の鬼怒川決壊では、上流の栃木県で72時間に600mmもの降雨があったので、この想定はけっして大げさなものではありません。
浸水域の小中学校も水没してしまうため、避難所として利用することはできません。
なかには、さいたま市が「3階以上を避難所として利用する」と定めた学校もありますが、付近が浸水してから逃げることはひじょうに危険です。
歩けるような浅い浸水でも、水は濁っていて地面が見えません。
過去の大雨でもマンホールのふたが外れていることに気がつかずに転落したり、道路と水路の境がわからずに水路に落ち、埼玉県の女子高生が亡くなったことがありました。
また、自分の居住エリアが浸水しなくても、付近が停電するとテレビが見られなくなり災害情報が得られなくなります。
一家に一台は電池式の小型ラジオを用意しましょう。
また固定電話や携帯も不通になる場合がありますので、普段から災害時にはどこに避難するか、家族で話し合っておくことが大切です。
岩槻区役所などでもらえるハザードマップは、あくまで最悪の被害を想定したものです。
しかしながら、明日は我が身と言う気持ちを忘れずに備えることが、命を守る秘訣なのです。
【さいたま市防災アドバイザー・加倉井誠】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. ◆以下のフォームよりお問い合わせ下さい。 [contact-form-7…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。さいたま市の東…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る