七里の大圓寺

大圓寺の本堂
大圓寺の本堂

東武アーバンパークライン七里駅から南へ徒歩4分のところに、大圓寺(だいえんじ)がある。
創建は室町時代。
この地域は岩槻太田氏の領地であったので、寺は太田氏との結びつきが深い。
寺には太田道灌が愛用していたと伝わる茶の湯の釜(さいたま市指定文化財)がある。
霰釜(あられがま)といい、丸いつぶつぶの文様が全体に施されている。
普段は非公開。山門前の案内板に説明と写真がある。
山門を潜ると境内は広く、正面に大きな本堂。
本堂の後ろ(北側)は駅方向だが、背景の空を遮るものは無く、すっきりとした絵になっている。
境内の菩提樹やイチョウの若葉がみずみずしい。
藤やドウダンツツジが見頃を迎えていた。
本堂の右手には池を中心とした庭園があった。
赤い鯉が数匹泳いでいる。
池の周囲の豊かな緑にツツジが映える。
広くゆとりのある境内や和の庭園など、駅の近くに心安らぐ空間があった。
(第62回)

七里の大圓寺 プラス
元荒川感謝祭

平成29年5月4日、大戸の第六天神社で元荒川感謝祭(神事とオカリナ演奏会)が行なわれた。
その後、神社の和船が元荒川(すずみ湖)を帆走した。
同日、屋形船が試運転、カヌーも出て水辺が賑わった。
(第38回)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る