トイレを知る本 『うんちの行方』

日本人一人が一日に排泄するウンチの量はおよそ200グラムとされています。
日本の人口はおよそ1億2600万人なので、単純計算で毎日2万5200トンも排泄していることになります。
身近に普及している下水道のおかげで、私たちは日常それを目にすることはありません。
では、日本では今までどのように処理されてきたのでしょうか?
奈良時代から江戸時代にかけて、それは厠から回収され、田畑の肥料としてリサイクルされてきました。
キリスト教の布教に日本を訪れた宣教師たちも、西洋にはないこのリサイクルシステムを称賛し、著作物に遺しています。
江戸時代、それは「品質」によって、値段が細かく決められていました。
大名屋敷のようなところから回収されたものは、「栄養豊富な高級品」として一番の高値。
江戸の町民の家から回収されたものも、当時の江戸は食に恵まれていたため上等品として扱われました。
一方、牢獄から回収されたものは、栄養価が低く肥料として再利用できないとされ、川や海に廃棄されていたそうです。
明治時代になると、排泄物によって汚染された食物や、手洗いが普及していなかったことで、たびたびコレラが流行。
明治19年には死者が10万人を超え、衛生環境の整備が急務となりました。
大正元年、西洋の衛生的な陶器のトイレを体験した大倉和親は、「水洗トイレを日本にも広めなければならない」と奮闘。
日本陶器(現ノリタケ)社内に研究所を設立し、大正3年に国産初の腰掛け式の水洗トイレを完成させます。
大倉和親はのちに東洋製陶(現TOTO)や、伊奈製陶(現LIXIL)の設立にも深くかかわっているので、日本の水洗トイレの普及に大きな影響を与えたと言えるでしょう。
大正7年になると、化学肥料の普及により、今までは業者に買い取ってもらっていたのが、お金を払っての回収に逆転します。
処理に困った当時の東京市長の後藤新平は、下水道の建設を急ぎます。
ところが、都内に急造した3か所の下水処理場も、今度は関東大震災で大打撃を受けてしまいます。
昭和に入ると東京は人口がさらに急増。
下水道の建設が追い付かず、海洋投棄や専用貨物列車による郊外への輸送でしのいでいたそうです。
書籍『うんちの行方』は「災害時に切実なトイレ対策」についてももちろん解説されています。
普段は目に触れることのない文字通り「縁の下の力持ち」の下水道が機能しなくなると、私たちの暮らしは一気に江戸時代に戻ってしまいます。
その日のためにどう備えればいいのか、本書とともに考えてみましょう。
さて、タワマン全戸で一斉にトイレを流したら、どうなるでしょうか?
【さいたま市防災アドバイザー・加倉井誠】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る