ジャズと教育「聴き合わなけりゃ始まらない」

私は荒れてしまった六年生を年度の途中から担任したことがあります。
担任だった先生が休職され、二学期からそのクラスを受け持ったのです。
なんとかその子供たちとの学校生活が軌道に乗り始めると子供たちの本音が出てきます。
「先生は僕たちの話を聴いてくれなかった。」と。
以前にも同じような状況のクラスを受け持ったことがあったのですが、そこでも子供達から同じような言葉を聞きました。
「大騒ぎして先生が話を聴ける状況にしなかったのはお前たちじゃないか。」
とその時言ってはみたものの、内心では子供達の心に自分の言葉を響かせるのは容易ではないなと感じておりました。
ジャズでも「聴く」は重要です。自由に演奏をしているように見えるソリストですが実は周りの音をよく聴いています。
もちろんバックで支える演奏者も同様にソリストの奏でる音をしっかり聴いています。
ソリストが表現したいことに反応して演奏を盛り上げる必要があるからです。
このようにしてバンドはお互いの演奏を聴き合いながらアンサンブルを創っていくのです。
教育でもジャズでも共通して大切なことは「聴き合う」ことです。
それぞれが主張だけしていては教育も音楽も成り立ちません。
お互いに相手のことをおもんばかって聴きあうことではじめて人を育てたり感動させたりすることができます。
これはジャズや教育だけの話ではありません。
人間が集まってつくる社会全てに当てはまるのではないでしょうか。
一番身近な社会である家庭でも、国という大きな単位でも同じだと思います。
立場や考え方は違っても互いに聴き合える温かな社会にしていきたいですね。
【「共栄大学客員教授・岩槻Jazz 代表」今村信哉(Shinya Imamura) 】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る