コラム「市民活動」3回シリーズ  第3回「『WE LOVE IWATSUKI』の事業のまとめ」 ~大学生とのコラボに光あり」

まちづくり交流会・活動の様子

大学のある岩槻で「こんなに市民活動がさかんであると思わなかった」と、平成29年11月15日の「振り返り学習会」で大学生が声をあげた。
今年(平成29年)の1月から構想を練り上げてから11か月、この日、事業のまとめをすることができた。
この事業は2段階からなるプロジェクトで、第1段階は、6月~8月「岩槻区の特色」と「市民活動との接点」を内容とする「岩槻を知る講座」の開講。第2段階で、目白大生242人に「岩槻への関心度調査」を学生自身が企画し関心の輪を広げ、10月の「やまぶきまつり」会場では「まちづくり交流会」を実施。ここで大学生の声をパネルにまとめ発信し交流の輪を参加した市民に広げていった。
市民活動の悩みとして「まちづくりに若者の声や参加が得られずに、活性化につながらないジレンマがある」という声がある。それが今回のチャレンジ企画の背景であった。方法として、学びと自主的な活動のコラボレーションの相乗効果を狙った。反省会でも、若者の気持ちに届き自身も変わっていくことができたのではないかと分析できた。
若者からの「市長の前でアンケート結果を発表できた経験は、自分の人生にとって大きな経験値になった」「実際、調査や講義を聞いてみて知らないことばかりで、4年間学校に通いながらこんなにたくさんの行事や市民活動が行われている岩槻のことを再発見した」などの声は、市民活動との接点に関心を現し高めるまでになっていったことを示している。
私たちNPO法人岩槻まちづくり市民協議会は設立11年目(10年+1年目)になる。
今年は、新たなスタートの年として「はくつる学研究部」「若者支援研究部」「中間支援研究部」の3部会を立ち上げた。2020年を目標(3年後を目指して)に多くの世代の方の関心を呼び起こす取組みも継続中である。
今回の若者へのアプローチは、小さな一歩ではあっても大きな可能性を私たちに提示し、多世代を取り込むための確実な手ごたえとなった。
みなさんともども一緒になって「アイラブ郷土岩槻」の想いで前進していきたい。
【NPO法人岩槻まちづくり市民協議会・理事長 栗原保】

市民協議会と目白大学生
市民協議会と目白大学生2

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-6-12

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑤

    睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. 2024-6-12

    仮設住宅の建設が進む石川県

     石川県内には、続々と仮設住宅が建設されています。 5月8日現在、5771戸の仮設住宅が着工されま…
  3. 2024-6-12

    柏崎小学校 PTA会長としての想い④

     2024年4月、柏崎小学校に大塚校長先生が着任され、新たな風が吹き始めています。 大塚校長先生は…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 今回は岩槻の地域活性化を目指して開催されていたリノベーションスクールと、その参加者で計画して今年オー…
  2. [caption id="attachment_22182" align="alignleft" w…
  3. 先回、ハンディキャップについて書きました。社会的不利です。 今回は、社会が人を不幸にするかもしれな…
  4. コロナ禍が終息に向かう昨今、引き続きテレワークや在宅勤務を続けている人も多いです。 3つあるテレワ…
  5. [caption id="attachment_22137" align="alignright" …
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 睡眠不足と認知症の関係 ・睡眠不足が認知症のリスクを高める可能性があるとされています。 -・睡眠…
  2. ぼくがいたずらすると怒られる。 ゲームをやりすぎても怒られる。 でも、ママの機嫌のいい時は怒られ…
  3. 2024/6/11

    今月の短歌
    しきなみ短歌、5月例会の高点歌(四首) 腕広げ 糸巻く 毛糸巻した 懐かしき 日のあり夫と 木綿…
  4.  岩槻区金重に住む藤園豊さんは、九州出身で音楽の世界を目指して上京した。 バンドを組んで活動し…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る