まりいの岩槻魅力はっけん伝⑤ 忘れ去られた「太田橋」

皆さんが郷土を想うとき、目に浮かぶ風景はどのようなものでしょうか。
その地域に流れる川もその一つだと思います。
例えば元荒川は今も昔も岩槻に住む人の原風景としてあるのでは。
先日、知人から元荒川に架かる県道2号線の「岩槻橋」以前に架けられていた「太田橋」についての話を聞きました。
現在、太田橋の標柱は岩槻橋の近くの草むらに横たえられた状態にあります。
大正6年の地図には「城見橋」と記載があります。
太田橋の標柱に刻まれた年号は大正13年。
知人によると、太田橋の名称は太田道灌に由来した明治初期の太田町誕生に起因すると思われるとのこと。
そして、太田橋は太田の名前を冠した現存最古級の物ではないかということなのです。
「太田道灌、岩付太田氏に結び付く岩槻の歴史にとって、無くてはならないものではないか」としています。
にも関わらず、忘れ去られていく姿に一抹の寂しさと郷土の歴史を捨て去ってしまうことへの危機感を感じます。

郷土愛は大きな宝
太田橋の誕生に関わる太田町は明治初期に、旧城内と武家地がこの町名になりました。
太田町は岩槻町と合併して短命に終わりましたが、昭和50年頃でも明治生まれの人から電話があると、「太田町の○○です」と名乗っていたそうです。
何気ない日常の中に浮かぶ郷土への愛着がこの言葉に表れているように思います。
郷土愛とは特別なものではなく、そこに住む人に息づく連綿とした日常の積み重ねと想いであり、それをつないでいくことが後世に残る宝になるのではないかと思います。
【三楽斎の犬槻丸歴史ものがたりの会 会長・髙橋真理以】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る