「帽子考」後編 文=加藤三郎

風呂敷または大ぶりの布を使ったものに「頭巾」があります。
映画でおなじみの『鞍馬天狗』『怪傑黒頭巾』などが被った宗十郎頭巾、主に女性が面を隠すために用いられたといわれるお高僧頭巾、その他、しころ頭巾や大黒頭巾、道帽、火事装束として猫頭巾があり、刺し子で作られていました。頭巾の用途は江戸時代には覆面、防寒、埃よけであったようです。
さて明治から昭和、平成にかけて帽子は大変貌しました。
駄洒落でいうなら「大変帽した」と言ったところでしょうか。
和服から洋服に着るものが変わり、さらに社会構造に変化があったためです。
髪型もちょんまげから洋髪に変わりました。
礼装もシルクハット、フロックコート、モーニング・コートなどを着用するようになりました。
また、山高帽は幸田露伴の小説にも登場していますが、あのてっぺんが丸く高いフエルト製の帽子が、のちにソフト棒といわれる中折れ帽に変化して一般的に使われるようになったのかもしれません。
この中折れ帽をもっとも粋に被ったのは、あの名作といわれる映画『カサブランカ』で主演した男優のハンフリー・ボガードです。
ちょっとななめに目深に被ったり、浅めに軽く乗せたり。
役柄によって上手に使いこなしていて、特に印象深かったのは、イングリット・バーグマン扮する恋人を雨の降りしきる駅頭でトレンチ・コートに身を固めたボガードが、粋に被った帽子のつばから雨がしたたるのもかまわず列車が動き出すまで待っていたシーンでした。
また、ジョージ・ラフトも男の哀愁をソフト帽で上手く表現していた一人です。
ここで話は変わりますが、大正から昭和のはじめ頃まで、職の技を習得するために徒弟制度がありました。
当時は現在のように週休二日制ではなく、ちょっと語弊はあるものの、古い言葉を使わせていただくと勤め人は「奉公人」と呼ばれていました。
盆暮れしか休みを取ることはできず、このことは一般的に「藪入り」といわれていました。
広辞苑によれば、奉公人が正月および盆の16日前後に、休暇をもらっって親元に帰ることを表し、盆の休暇は「後の盆入り」と呼ばれていたこともあったそうです。
なぜこんなことを長々と話したかというと、いちばん若い奉公人の小僧さんと呼ばれる人たちが身につけていたファッションとの関係があるからです。
全部が全部ではありませんが、当時はハンチング帽に木綿の着物、新しい下駄というスタイルが一般的で、浅草のロック座、上野などへ行くとよく見かけたものでした。
そして、もう一つ。
戦後の帽子のファッションで、人びとが日常的に被るものとして圧倒的に受け入れられたものに野球帽があります。
日本のプロ野球の隆盛と共に、ごひいきのチームのマークの入った帽子を被り差別化を意識した大リーグのロゴ入りのもの。
外国の有名メーカーの宣伝用のもの。
そして、農業関係者の中で浸透したのが、農機具メーカーや農薬メーカーが無償で配布した社名または商品名の入った野球帽でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る