​円空仏祭2019

円空仏 七躯 御開帳 特別拝観
​聖観世音菩薩立像/不動明王立像/毘沙門天立像/役行者倚像/蔵王権現立像/
徳夜叉明神像/護法大善神像

(埼玉県指定有形文化財)

観音院の恒例祭事である円空仏祭が本年も下記の日程で開催致します。
昨年初開催し好評をいただきました「宵会-ヨイノカイ」も実施致します。
その他、修験寺院である当院に修験者(山伏)が集い大護摩供の厳修も執り行います。
ご来観される皆様の家内安全・無病息災・開運守護 等、諸願成就をご祈祷致します。
さらに、市指定文化財の仁王門の特別拝観や、雅楽(笙)の演奏、各種出店も予定しております。
一年に一度、本堂での特別な御開帳になります。
是非、皆様のご来観をお待ち申し上げます。

EXHIBITION OF ENKU-BUTSU
円空仏祭2019
BETTER LIVING THROUGH ART

2019.5.3(金)4(土)5(日)6(月)
開門10:00 閉門17:00
小淵山 正賢寺 観音院
拝観料 : ¥500(お一人様/中学生以下無料)

特別プログラム「宵 会 -ヨイノカイ」
日時: 5月3日(金)~6日(月) 18:30~/ 19:30~(約30分)
拝観料: ¥2,000円(お一人様/記念品 他 付)
昨年、連日満員のご拝観を頂き大好評を博しました「宵会‐ヨイノカイ」を本年も開催致します。
通常のご開帳時とは違い、静寂に包まれた厳かな本堂で、冥闇の燈にお祀りした円空仏は彫像の表情や造形の奥深さをより鮮烈に、ビビットに映し出されます。
そして「陰」と「陽」に包まれた空間は、拝む皆様を幻想的でノスタルジックな空間に誘います。
生涯を懸けて創り上げた円空上人の芸術を十分にご堪能し、また日頃の喧騒を離れ
静穏なひと時をゆっくりとお愉しみ下さい。
※本プログラムは定員数に限りがございます。
ご拝観をご希望の方は下記のお申込フォームに必要事項をご入力の上ご予約下さい。

開催期間中は、ご拝観の他に下記の催しがございます。

5月3日(金)13:00 修験道秘法 大護摩供 
修験者(山伏)による大護摩供の厳修
5月5日(日)13:00 雅楽〈笙〉ミニコンサート 
雅楽奏者 大塚淳平さんによる笙の演奏
全日程        仁王門特別公開(春日部市指定文化財)
円空カフェ/他 各種出店
円空仏祭 限定 御朱印

ご予約(観音院のみ)、詳しいお問合せは
小淵山観音院048-752-3870
春日部市教育委員会 文化財保護課048-763-2449

会場ご案内   
小淵山観音院(春日部市小渕1634番地)
東武スカイツリーライン アーバンパークライン 春日部駅 東口下車
徒歩20分程度(春日部駅東口の観光案内所「ぷらっと春日部」でも詳しいご案内がご利用いただけます)
※なお、臨時駐車場のご用意もありますが、台数に制限がございますので満車の際はご了承ください。
(観音院までの地図はHP内の交通案内をご参照ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    地元の福祉作業所「ふくふく」が 岩槻の新しいおみやげ品作り [caption id="atta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  2. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  3. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  4. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る