防災ハザードマップで考える 地域ごとの危険箇所

古くから城下町として発展した岩槻は、地理的にも気候的にも恵まれ自然災害が少ない地域である。
毎年防災訓練が行われているが想定されているのは地震災害のように思われる。
旧市街地は地盤もしっかりして周辺地域よりも揺れ方が少ない事が多く、地震災害への防災意識も一過性になりやすく家庭での対策も先送りが現実のようだ。
そこで今回は水害について取り上げてみたいのだが、読者のみなさんは洪水ハザードマップを見たことがあるだろうか。
2日間で総雨量が355mmの大雨を想定した場合に浸水するエリアを深さごとに色別で表示したものだ。
岩槻区内でも2m~5mの浸水箇所が示されている。
355mmの数字は台風シーズンに入れば梅雨前線や秋雨前線と絡めば簡単に超える数字だと思われる。
異常気象が異常でなくなってきている近年であるが、日本国内では河川の面積割合がいちばん高いともいわれる埼玉県。
治水事業が比較的すすんでいるはずの一級河川でも堤防の決壊が無いとは言い切れない。
自分が住んでいる地域はどうなのか。
岩槻区役所玄関横の情報コーナーにハザードマップが置いてあるので一度、確認してみるのはいかがだろう。

洪水ハザードマップ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る