苦味が不得意な人にもおすすめ おいしい菜花のマヨ和え

こんにちは。タマコチの店長ミナです。もうすぐ春ですね♪
春の訪れで思い浮かぶ野菜といえば「菜花」(なばな)です。
アブラナ(葉の花)のつぼみと花茎。若葉の部分を菜花といいます。
カロテン、ビタミンC、B1、B2、葉酸、カルシウムなどのミネラル類が豊富で、なかでもビタミンCの含有量が多い緑黄色野菜です。
体の抵抗力を高め、風邪や貧血の予防にも効果も期待されます。
保存方法はしめらせたキッチンペーパーに包み、冷蔵庫で2~3日ほど。花が咲き始めると味が落ちるため、早いうちに、食べましょう。
旬は冬から春にかけてで、おいしい時期は2月~3月です。
ゆでてそのままサラダとして食べるのもおいしいですが、今回は、独特のほろ苦さが苦手な方でも食べられる「菜花のマヨ和え」を紹介しましょう!

【レシピ】
「菜花のマヨ和え」
<材料>
菜花(1束)
和風だしの素(顆粒/適量)
マヨネーズ(適量)

<作り方>
①菜花をさっと洗い、下の固い部分を切り落とす。
②たっぷりのお湯を沸かし、ふっとうしたら、菜花を入れ1~2分お好みの固さでゆでてから水気を切り、食べやすい大きさに切る。
③ボールに菜花を入れ、和風だしの素を入れ、軽くまぜる。
④菜花の熱さがとれたらマヨネーズを入れ、まぜる。

菜花が熱いうちにマヨネーズ入れると、マヨネーズが溶けて水っぽくなるため、冷めてから入れて下さいね。
菜花のほかに、ブロッコリーでマヨ和えを作ってみても美味しいです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る