旬のにんじんの炒め物

食卓に欠かせないにんじん。
今、流通しているもののほとんどは西洋種の五寸にんじんです。
他に、金時(京にんじん)、金美(黄色にんじん)、ミニにんじん、紫にんじん(皮が紫で中はオレンジ)、島にんじん(沖縄の在来種)があります。
おいしい時期はちょうど今、4月〜7月にかけてと、11月〜12月の冬期。
生産量第1位は北海道です。
にんじんはカロテンを豊富に含みます。
表皮の下に多く含まれているので、できるだけ皮はむかずにそのまま食べるのがおススメです。
葉っぱも香りがよく、ビタミンCやカリウムが豊富で、天ぷらやおひたし、炒め物などに利用しましょう。
また、にんじんにはアスコルビナーゼというビタミンCを壊す酵素が入っているため、食べるときは酢やレモン果汁入りのドレッシングで和えるとよいです。
にんじんは免疫力を高め、皮膚や粘膜を強くし、ガン、心臓病、動脈硬化などにも効果がありますので美味しくたくさん食べましょう!

【レシピ】
にんじんとじゃこのごま油炒め
<材料(1人前)>
●にんじん(小・1 本)●じゃこ(50g) ●ごま油(大さじ1 杯)
【作り方】
1)にんじんをスライサーでおろしてからせん切りにする。
2)フライパンでごま油を熱し、じゃこをカリカリになるまで炒め
 る。目安は「香りがしてチリチリと音がするようになる」まで!
3)せん切りにしたにんじんとじゃこを和える

作った当日よりも、冷蔵庫で一晩冷やした翌日の方が味が染みておいしいです!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る