ペットシッター・しゅなの 動物と楽しく過ごすには?

考え方を変える ススメ

アニマルライツ(動物の権利)を尊重する「 PONOPONO犬育て 」 では、従来のしつけや命令などはせず、動物 へ 対等に接し、人や動物も落ち着いて過ごせるようにすることが重要です。
動物への接し方 、ふれあい方は 世間でささやかれる ことや、自分の思い込みから実践してしまうことも多
い か と思いますが、それぞれの行動などをよく観察し 、理解して人間が接し方を変えなければ犬もリラックスした状態にはなりません。
そして 、 自分自身のストレスを減らし、自分に やさしく なることも重要です。
ふと思い浮かぶ 「でも」「少しぐらい」「時には厳しくしないと」などという考えが頭にあるうちは、状況は よくならないでしょう。
「 PONOPONO犬育て 」 の考案者 ・ 川上さとえさんは 「『 こうあってほしい 』 という自分の思いを ふっ 切れれば、上手 くいくようになり、自分自身の中にある支配性を自覚し、克服することが一番のポイントだ 」 と述べています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る