ギリシャで学んだ 人と犬の共存

ギリシャのエーゲ海に浮かぶサントリーニ島へ行ったのは2度目でした。
この島へ最初に行った理由は「犬にやさしく接している国」に行こうと思ったからです。
サントリーニ島では犬を尊重して基本的に飼い犬もノーリードで過ごしています。
犬たちは目印にバンダナと迷子札を付けています。
人間の意向を押し付けられることなく暮らしており、野良犬も飼い犬も走り回ったりはせずのんびり歩き、自分たちの好きなように過ごしているのです。
5年前にも伺ったお店のオーナーに犬との暮らしについて尋ねると英語で「Free!」と一言。
オーナーは「リードをしていると行きたいところに行けずストレスがたまる。
自由にさせてあげるだけで犬はハッピー、みんなもハッピーさ!
ストレスがないからほとんど寝て過ごしているよ」と教えてくれました。 
ヨーロッパでは基本的に、犬を閉じ込めたりはしません。
犬たちは本当に落ち着いていて、好きな場所へ行き、好きなところで寝て、好きなときにご飯を食べて、穏やかでのびのびしています。
アニマルライツ(動物の権利)を尊重するPONOPONO犬育ての川上さとえさんも「ストレスのない環境では、犬は落ち着いて状況判断できるので、適切な行動をしやすくなり、変に興奮したり、過剰反応したりしにくくなる」と述べています。
こちらが教えなくても、犬は自分で学んでいくことができます。
そのような環境で育った犬は、判断力も高く、人間社会によく適応した穏やかな性格になります。
私がサントリーニ島で学んだのは、いかに環境や接し方が大切かということ。
トレーニングやしつけだけでは実現できないことかもしれません。
もし犬との関係がぎすぎすしているのならば、環境や接し方を見直し、まずは犬にも人にも自分にも寛容になってみるところから始めてみましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る