黒沼公園と内牧サイクリングロード

夕暮れの黒沼たんぼ
夕暮れの黒沼たんぼ

黒沼公園と内牧サイクリングロード    
佐藤 里枝


春日部市の内牧公園の駐車場付近から、田んぼに沿って続く内牧サイクリングロードを西に向かって歩いた。
500メートルほど進むと「黒沼公園」の案内板があった。                  
黒沼はかつて岩槻の北部、鹿室村から小溝村や内牧村(春日部市)にかけての大きな沼であった。
明治の記録では東西20町(約2.2㎞)南北約3町(約836m)の帯状の形状となっていたという。
その後干拓されて水田になった。
彼岸花や色づいてきた稲穂の続く道は秋風が心地よい。
田の南側に続く住宅街は岩槻区だ。田は西側の白岡市までずっと続いているようである。
“水と緑のふれあいロード„と名付けられたサイクリングロードは黒沼田んぼ1周4.4㎞の道のりだ。
「黒沼公園」は、春日部市が管理している公園で、菖蒲やジニア、蓮など季節の花を楽しめるようになっている。
特に蓮池には6月から8月にかけて1400本もの花が咲き、多くの人が訪れるそうだ。
また、7月には公園のハウスで飼育されている蛍の鑑賞会も開かれているという。
ここでの今年の花の季節は終わってしまったが、田んぼの中の道を通って行ける岩槻区鹿室地区ではこれからの季節コスモス畑が楽しめるという。
「ここの朝夕は、中高年の人の散策コースですよ。私も中高年ですが…」ジョギングの足を止めて辺りを色々説明してくれた男性が「蓮池にはバンがいます。ひなを生むのですが、カラスにねらわれて、1羽くらいしか残りません。間もなくカモもやってきます。」と言った。
夕方になり、道のあちこちに散歩の人影が見えた。
(第6回)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る