風信人の旅 プラス ~心に残った桜の風景~

昨年の春のことである。
見沼区を通る県道65号を車で南下していた。
東宮下の交差点を過ぎると左手にさいたま記念病院、右手に団地がある。
しばらく進むと交差点の信号が赤になったので止まった。
何となく右側を見ると道の奥の方に桜があった。
その花の上には塔のようなものが見える。
笠の形の屋根、その下には釣り鐘。
火の見櫓(やぐら)だ、と思った。
信号が変わり走り出す。
北浦和の方に向かって走りながら、しばらくして思った。
火の見櫓は珍しいし、それが桜の花を突き抜けるように立っている。
何と美しい光景だったのだろう。
今度写真を撮っておこうと。
しかしその後、写真を撮ることはできなかった。
ぼんやりとしていたのか、どこの交差点だったか忘れてしまったのである。
その日、帰ってから地図を見た。
県道65号の東新井の交差点の250メートル程南に御蔵(みくら)火の見下というバス停があった。
日を置いてそこまで行ったところ、信号があり右手には見事な一本桜。
ところが火の見櫓はなかったのである。
周辺を歩いたが見つからない。
近所の人に聞くと「昔はあったのですが…」。
しかも県道を挟んで西に桜、火の見のあったという空地は東側だった。
位置が違うのだ。
東新井の交差点から、西の大宮駅へ向かう通りを行って坂を下りると左手に海老沼小学校があり、そのすぐ近くに火の見があった。
方角は合っているが、台地の上を走る65号からは見えない。
遠くの新都心のとりわけ高い塔を火の見櫓と見誤ったのだろうか。
後に探す過程で火の見櫓が複数残っていることが分かった。
桜と幻の火の見櫓、3月には写真を撮って次号で紹介したい。
(第36回)

旧日大前より望む

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る