風信人の旅 プラス『御成街道のハイライト』

大龍寺参道と けやき(右)

東京都北区を通る御成街道(本郷通り)に西ヶ原一里塚がある。
日本橋から二里目だ。
両塚が当時の位置にあり、昔の道幅を知ることができる。
国指定史跡だ。塚の木は榎(えのき)である。
北へ150メートルも歩けば右手に飛鳥山公園。
もう少し行けば左手から都電が通りに入り込む。
交通量の多い所である。
道路拡張の際、一里塚は邪魔ということになったが、地元から一里塚を保存しようという声が挙がった。
その中に渋沢栄一もいた。
運動の甲斐あって両塚は残されたのだ。
一里塚は昔の旅人にとって歩く距離の目安になるものである。
西ヶ原一里塚のすぐ先の飛鳥山は江戸時代から桜の名所。
四季の景勝地であり歌川広重などが浮世絵に描いた。
岩槻本町にあった一里塚は日本橋から九里目。
市宿から久保宿に入った旅人には塚の榎が見えてくる。
左手の塚の手前から左方向に大龍寺の参道が続く。
参道の並木の奥には大龍寺の屋根が見える。
街道の先は丁字路で、右に曲がれば時の鐘、岩槻城へ。
左は日光へ向かう街道だ。
この景観を見事に描いたものが江戸時代の日光道中絵図である。
岩槻城の上には大きな朝日。
城周辺の松らしき樹木と寺参道の杉らしき樹木が同色で強調され、一里塚の榎が2本一際高い。
誇張はあるが、この地は美しく描かれ、街道のハイライトとも言える。
まちづくりに生かしたいものだ。
区役所跡地の駐車場ゲートの横にある土盛りをコンクリートで固めた部分を使えば一里塚の風情が蘇りそうである。
榎を植えればシンボルになるだろう。
一案である。
尚、日光道中絵図は新編埼玉県史図録( 161 頁)で見られる。
(第35回)

山のお雛様 左より男体山、大 真名子山、女峰山

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る