親しみある歌詞が並ぶ 久喜市「童謡の小道」

童謡の小道と 「めだかの学校」歌碑

久喜市青葉の青葉団地の中に「童謡の小道」という歩道がある。
だいぶ前のことだが、月刊誌『太陽』の記事で、童謡「めだかの学校」の歌碑がその地にあることを知って興味を持った。
直接、作詞の荒木滋、作曲の中田喜直との関係はなく、作品の舞台でもないことが分かったのだが、訪ねてみると、他にも「赤とんぼ」、「この道」、「どんぐりころころ」、「仲よし小道」、「七つの子」、「靴が鳴る」、「故郷」、合わせて8基もの歌碑が点在していた。
詞が刻まれた石碑は、どれも立派であった。
ここは関東平野特有の平坦な地で、以前は水田などのある農村風景が広がっていた。
そこを造成し団地を造る際、約400メートルの歩道を整備した。
そこに水路や池、8基の歌碑を建てたのである。
ふるさとのイメージと情操的な「やすらぎ」に主点を置いた、と説明板にあった。
歩道沿いには青葉小学校があり、門の前に「めだかの学校」、グラウンド近くに「故郷」の歌碑が建っている。
(第72回)

親しみある歌詞が並ぶ久喜市「童謡の小道」プラス
岩槻城址公園のメダカと詩碑

公園の西側のグラウンド奥の谷地(やち)に湧いた水は小川になって流れている。
そこにメダカを見ることもあった。
人形塚に隣接して、詩人槇皓志(まきこうし)の「人形のまち」詩碑が建つ。
槇晧志は、童話や童謡の詞も書いた。
茎の青葉小の校歌の詞を書いたことを知ったのは「童謡の小道」を訪ねて、しばらくしてからのことだった。
岩槻の城北中の校歌の詞も書いている。城址公園の自然と歴史、そして情緒豊かな詩を生かしたいものである。
(第48回)

人形のまち詩碑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る