親しみある歌詞が並ぶ 久喜市「童謡の小道」

童謡の小道と 「めだかの学校」歌碑

久喜市青葉の青葉団地の中に「童謡の小道」という歩道がある。
だいぶ前のことだが、月刊誌『太陽』の記事で、童謡「めだかの学校」の歌碑がその地にあることを知って興味を持った。
直接、作詞の荒木滋、作曲の中田喜直との関係はなく、作品の舞台でもないことが分かったのだが、訪ねてみると、他にも「赤とんぼ」、「この道」、「どんぐりころころ」、「仲よし小道」、「七つの子」、「靴が鳴る」、「故郷」、合わせて8基もの歌碑が点在していた。
詞が刻まれた石碑は、どれも立派であった。
ここは関東平野特有の平坦な地で、以前は水田などのある農村風景が広がっていた。
そこを造成し団地を造る際、約400メートルの歩道を整備した。
そこに水路や池、8基の歌碑を建てたのである。
ふるさとのイメージと情操的な「やすらぎ」に主点を置いた、と説明板にあった。
歩道沿いには青葉小学校があり、門の前に「めだかの学校」、グラウンド近くに「故郷」の歌碑が建っている。
(第72回)

親しみある歌詞が並ぶ久喜市「童謡の小道」プラス
岩槻城址公園のメダカと詩碑

公園の西側のグラウンド奥の谷地(やち)に湧いた水は小川になって流れている。
そこにメダカを見ることもあった。
人形塚に隣接して、詩人槇皓志(まきこうし)の「人形のまち」詩碑が建つ。
槇晧志は、童話や童謡の詞も書いた。
茎の青葉小の校歌の詞を書いたことを知ったのは「童謡の小道」を訪ねて、しばらくしてからのことだった。
岩槻の城北中の校歌の詞も書いている。城址公園の自然と歴史、そして情緒豊かな詩を生かしたいものである。
(第48回)

人形のまち詩碑

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-7-13

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑥

    睡眠改善のためのヒントとアドバイス  ストレス管理と睡眠の関係 ・ストレスがたまると、睡眠不足の…
  2. 2024-7-13

    支援団体に  自動車税一千万が課税

    [caption id="attachment_22457" align="alignleft" w…
  3. 2024-7-13

    伝えて槻丸 №12 第84回 たかみや えみこ

    【中古】 秘伝4コママンガの描き方 今日からキミもプロ作家!! / ドラクエ…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 唐朝(とうちょう) 唐の朝廷。 唐の時代 名君(めいくん) 国家を 統制することに すぐ…
  2. [caption id="attachment_22317" align="alignright" …
  3. [caption id="attachment_22308" align="alignright" …
  4. 地域の疑問やあなたのアイデアを聞かせて下さい。 独自の文化や観光の魅力をたくさん持っている岩槻です…
  5. だれでもできる簡単なおもちゃづくり(材料費等無料) 【日時】①7月20日(土)②7月27日(土)③…
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 2024年6月末、会社の行事で沖縄県に訪問した際、名前とメッセージを即興で書いてくれる書道家のAさん…
  2. ――その後現場から離れて経営側から関わるようになったと思うのですがショーの世界でやっていてよかったで…
  3.  学童で働いていた私が子供との関わりを綴る日々の記録です。 学童は第二の家庭と言われますが、何十人…
  4. 「夢」 それは希望 努力の彼方 暗い場所から見た光 逆境に対する意志 新しい出会い &n…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る