夏目漱石が訪れた大宮公園

今年は文豪夏目漱石生誕150年の記念の年。
漱石は大宮公園を訪れている。東京帝国大学(今の東大)の学生の時だ。
学友の正岡子規が試験勉強のため、公園内にあった料亭旅館の万松楼(ばんしょうろう)に滞在中、漱石を呼び寄せたという。
漱石は後に「鶉(うずら)か何かの焼いたのなどを食わせた」と書いている。
二人で鶉料理に舌鼓を打ったのだろう。
万松楼があったのは児童遊園地や小動物園の辺りだ。
読書の秋、食欲の秋。
色々な楽しみがあるが、小春日和に大宮公園を散策するのも一興だ。

歴史解説板と児童遊園地
歴史解説板と児童遊園地

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 武蔵第六天神社の灯火船(ともしびぶね) …
  2. 岩槻城址公園はその名の通り岩槻城の跡で、今でもお堀や土塁が残っています。 昔から「おはやし公園」と…
  3. サルビアが見頃 大宮花の丘 西区 …
  4. 元荒川和船まつり
    元荒川和船まつりが平成30年7月28日(土)と29日(日)、両日ともに10時から16時まで、末田…
ページ上部へ戻る