古代米(黒米)作りを岩槻で。 藁細工の伝統継承にも挑む

古代米収穫作業

健康食品でも取り上げられる古代米(黒米)を栽培している小さな田んぼが、岩槻区掛付近の市民の散歩道としても親しまれる農道沿いにある。
地域おこし活動をしているNPO法人「ためぞうクラブ」が田んぼを借りて3年ほど前から栽培を始めたが、毎年異なる自然農法に挑戦しているものの、毎回のように試行錯誤している。
目標は数ある農業機械の使用をできる限り少なくして、なおかつ生産効率を上げる農法を確立することだという。
理想は、田んぼを耕さず、種をじかに蒔いて田植えをしない、除草剤も化学肥料も使わない、収量が減っても費用と手間のかからないコメ作りだ。
今年の黒米栽培では、肥料はいっさい使わずにトウモロコシの粉で作った腐るビニールシートで除草効果を得るために敷き詰め、ある程度の効果は確認したが直播きには失敗してやむなく人の手を使った田植え作業をすることになった。
地元で藁細工の伝統を残そうと活動している方たちから、この古代米のワラを使うと仕上がりがきれいになるとのことで、天日干しの長いワラが欲しいとの声が上がり、手作業の稲刈りや脱穀作業にも手伝いに来てくれていた。
このワラを使った正月飾りの体験教室が平成29年12月9日に行われる。自然栽培挑戦中の黒米も地域のイベントや仲町の喫茶店タマコチで販売されている。また、この黒米を使った岩槻のおみやげ品作りも進めているが、どんな岩槻名物が生まれるのか楽しみだ。【編集部・奥山】

古代米の田植え

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-7-13

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑥

    睡眠改善のためのヒントとアドバイス  ストレス管理と睡眠の関係 ・ストレスがたまると、睡眠不足の…
  2. 2024-7-13

    支援団体に  自動車税一千万が課税

    [caption id="attachment_22457" align="alignleft" w…
  3. 2024-7-13

    伝えて槻丸 №12 第84回 たかみや えみこ

    【中古】 秘伝4コママンガの描き方 今日からキミもプロ作家!! / ドラクエ…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 唐朝(とうちょう) 唐の朝廷。 唐の時代 名君(めいくん) 国家を 統制することに すぐ…
  2. [caption id="attachment_22317" align="alignright" …
  3. [caption id="attachment_22308" align="alignright" …
  4. 地域の疑問やあなたのアイデアを聞かせて下さい。 独自の文化や観光の魅力をたくさん持っている岩槻です…
  5. だれでもできる簡単なおもちゃづくり(材料費等無料) 【日時】①7月20日(土)②7月27日(土)③…
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 2024年6月末、会社の行事で沖縄県に訪問した際、名前とメッセージを即興で書いてくれる書道家のAさん…
  2. ――その後現場から離れて経営側から関わるようになったと思うのですがショーの世界でやっていてよかったで…
  3.  学童で働いていた私が子供との関わりを綴る日々の記録です。 学童は第二の家庭と言われますが、何十人…
  4. 「夢」 それは希望 努力の彼方 暗い場所から見た光 逆境に対する意志 新しい出会い &n…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る