しらこばと水上公園と飛行場

しらこばと水上公園歩道橋より

しらこばと水上公園と飛行場
佐藤里枝

埼玉県営のしらこばと水上公園は昭和54年にさいたま市岩槻区と越谷市にまたがって造られた。
以来、夏季のプール期間中の土、日は交通渋滞を引き起こすほどの人出がある。
オフシーズンの今は、マス釣り場になるが、広い駐車場はがらんとしている。
葉を落とした街路樹の桜もしなやかに枝を伸ばし、その先の花芽もまだお休み中。
第一駐車場と公園を結ぶ歩道橋の真下に南に1・5キロほどの直線道路が通っている。
この辺りにあった論田(ろんでん・岩槻区末田の小字名)飛行場の滑走路の跡地を利用したといわれている。
ここは第2次世界大戦中の昭和19年7月に軍用地として強制買収され、陸軍飛行場の造成が始まった。
この工事は、近隣町村の勤労奉仕隊や学校生徒たちによって急ピッチに進捗し、年内に完成を見たという。
今のような建設機材のない時代、多くの人の手で完成したものの、ただ一機が不時着しただけで終戦を迎えた。
戦後まもなく払い下げになった飛行場跡地は強制的に移転させられた元住民などの手により、農地に少しずつ戻っていったという。
歩道橋からまっすぐに続く道を見ていると、飛行機で滑走路へゆっくり下りていくような気持になった。
時代とともに変遷を重ねていったこの地の今、農地は減ってきたが、足音に驚いて用水路からシラサギが飛び立ったり、時折、シラコバトが見られるなど、心休まる所だと感じた。
[※参照「岩槻 城と町まちの歴史」]
(第11回)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る