おでかけスポット 大宮公園小動物園

フライングケージの中のフラミンゴ

大宮駅の北東に、武蔵一宮氷川神社がある。
南へ延びる約2キロメートルの氷川参道は、緑のオアシスで今年も日本最小の猛禽類ツミが子育てをしている。
氷川神社では、今年、平成29年10月明治天皇御親祭150年祭が行われる。
その氷川神社の北には、県立大宮公園が広がる。
施設の中でも小動物園と児童遊園地は、親子づれでいつもにぎわっている。
動物園建設のきっかけが案内板に書かれていた。
昭和24年頃、当時の大澤雄一県知事が北海道へ出張した時、埼玉県の開拓団の村「秩父峡」で見た子熊が、帰郷後北海道より鰊と共に知事公館に送られてきた。
この子熊を公園で引き取ることになり、小さな檻を作ったのが動物園の始まりだ。
そして、今年4月で64周年を迎えた。
現在56種の動物が展示されている。
なかでもクビワペッカリーを飼育している動物園は国内では4番目の飼育施設となり、伊豆シャボテン公園からやって来たメスのイズとオスのテンは人気者だ。
そして、4年連続繫殖に成功しているシシオザルの赤ちゃんコールが平成29年3月19日に誕生した。
また、フライングケージは大きな森を鳥たちが自由に飛び回る様子が観察できる。
春は桜、夏は涼やかな木陰と四季折々の様子を見せる大宮公園一角の小さな動物園は、いつも子供たちの人気だ。
小動物園となりの児童遊園地には飛行機塔やバッテリーカー、ブランコ、スベリ台など昔なつかしい遊園地がある。
【レポーター・大澤節子】

シシオザル
シシオザル の親子

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る