「岩槻の街中にタヌキ?」

急ピッチで岩槻人形博物館の建設工事が進んでいる旧区役所跡地を少し春日部方面に進むと、趣のある町屋風の建物があります。
隣地にある樹齢約500年の黒松との景観は「第10回 さいたま市景観表彰」の景観協力賞にも取り上げられ、電線が地中埋設されている事もあってか素敵な風景になっています。
人形博物館やこれから建設予定の(仮称)ふれ合い交流館なども併せて岩槻の景観を代表するエリアになって欲しいものですね。
さて、少し話は変わりますが、この付近にある家屋の庭先では夜になるとタヌキの子供たちがときどき姿を現しては、しばらく遊んで行くそうです。
住民の方が撮った子ダヌキの写真も見せてもらいました。
どこから入ってきたのか分からないとのことですが、もちろん親もいるはずで、岩槻の街中の住宅地でもタヌキが生息している現状は、自然豊かともいえる反面、害獣として捉えるとあまり好ましいものではないのかもしれません。
昔からの町屋としての細長い敷地では、道路側の建物は活用していても奥にある古い建物などが廃屋化して、このような動物の住処になっている可能性も高いと思われます。
少子高齢化が進む時代、個人財産であっても地域全体でとらえてみんなで考える視点が必要なのかもしれません。
【編集部・奥山】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る