「トトロ」が通りそうな木々のトンネルがある地域

これまで何度か車で通っていて、どうしても気になる場所があった。
しかし、カーブが続く場所でもあり一瞬で過ぎてしまうので車を停めてまで見る機会がなかった。
場所は、造園業が多く見られる笹久保か尾ヶ崎かと思われるが、紹介するために思い切って尋ねてみた。
道幅が1間(約1・8m)だろうか、両側から樹木の枝葉が延びてきて入り口を狭くしている。
ここから「トトロ」が飛び出してきても不思議ではない様な感覚になる。
中に入ると右側にはブナか樫の大木が列柱のように並んでおり、左側は竹林でひんやりした空気になる。
草も生えていないこのような小道が50mほど続き、その先は左側だけ無粋な鉄板波板の塀が30mほどあってその先にも道は続く。
その先に行ってみたが造園業者の敷地かと思われるところで終わっていた。
公道でもあるようだが私道でもあるような何とも不思議な通路(道路)である。
地元の人には見慣れた光景だろうと思われるが、首都圏内でこのような風景が保存されている岩槻の自然環境はもっと評価されていいと思う。
映画のロケ地として活用する方法もある。
もっともっと岩槻が持っているいろいろな魅力を住民も再認識し、外に向かってアピールすべきだ。
【編集部・奥山】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る