The Amathing Bad Powell バド・パウエル【ジャズ壱】

今月は、ブルーノート時代のバド・パウエルを紹介します。
おそらくバド・パウエルはモダン・ピアノ史上セロニアス・モンクと並んで最も傑出したピアニストであろう。
彼のプレイはよく天才と狂気のギリギリの世界にあると形容される。
たしかにそのタッチの過激さ、フレーズにおける近寄りがたいほどのオリジナリティ、鬼気迫る圧倒的なまでの気迫などに、他の追随を許さぬ、凡人の及ばぬ至高の芸術性が示されている。
彼がブルノートへ最初にレコーディングを行ったのは49年8月8日のことだった。
以後51、53年と録音を重ねていく。
とりわけ49年の吹き込みは絶頂期を捉えたものとしてジャズ史上に残る大傑作となり、その名声を決定的なものにした。
彼にとって不幸だったことは、精神的な病いに生涯を通して取りつかれたことだ。
45年頃から幾度も入退院を繰り返し、50年代に入るとますます頻繁になっていった。
したがってブルーノートに吹き込みを残していた時代は常にそうした不安感と危機感が彼の心に内在していたのである。
しかしその異様な精神状態の極限下に置かれていたからこそ、彼はいくつかの傑作を逆に世に残すことができたのかもしれない。
ともあれ47年から49年までがピアニストとして最も充実していた時期であったことは確実だ。
その時代の「ザ・アメイジング・バド・パウエル第一集」はモダン・ピアノ史上最右翼挙げられるほど偉大な作品。
特に冒頭に聴く三つの「ウン・ポコ・ローコ」は、パウエルが即興演奏においていかにひらめきに満ちた天才であったかを克明に記録している。
全11曲、どの演奏からも極めて高い緊張感と鬼気迫るジャズ・スピリットが認められ、圧倒される。
この演奏を目の当たりに見たミュージシャン達が模倣していく。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  2. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  3. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る