My Funny Valentine【ジャズ壱】

またまた今年もバレンタインの年がやってまいりました。
巷では「ロフト」のバレンタインCMの女の子の後ろ姿の髪を引っ張る、スカートをまくり上げる映像が、問題になり盛り上がっていますが、女性にとっては、勝負の時なのでしょうか?
男性にとっては、もらえなければ、苦い青春の思い出となるのかな?
そんな思いを歌にしたのが、この「マイ・ファニーバレンタイン」なのでしょうか?
この曲は、フランク・シナトラの歌で有名ですが、かの「マイルス・デイヴィス」の愛称曲でもありました。
1956年のプレステージ盤に始まり、1964年の「ライブ・イン・東京」そして今日紹介する「マイ・ファニー・バレンタイン・マイルス・デイヴィス・イン・コンサート」です。
1964年・2 月12日のニューヨーク・フィルハーモニック・ホールでのライブから、バラードなどの落ち着いた曲を集めた作品で、この日のライブは慈善コンサートだったためノーギャラであり、メンバー間に金銭面の不満が漂っていた。
マイルスいわく、メンバー間のノーギャラへの不満による緊張感からテンションの高い演奏になったという。
当時のマイルスのバンドは、ジョージ・コールマン、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウイリアムスという、素晴らしいメンバーで、第二の「オール・アメリカン・リズムセクション」といわれていた。
彼らの演奏は、フリー・ジャズのように自由に演奏しているようで、統制の取れた中にも緊張感溢れる演奏で、やはり「マイルス」でなければ、この混沌としたなかに、これほどの緊張感は表現出来ないと思う。
彼の一挙一等卒がメンバー全員の個性を引き出し、一つの芸術音楽として昇華させる、手綱を緩めているようで彼らを操っているという偉大な演奏家でした。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. ◆以下のフォームよりお問い合わせ下さい。 [contact-form-7…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、下記店舗にも設置しており…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る