Moonlight in Vermont【ジャズ壱】

十五夜と言えば秋の楽しみの一つですね。
勿論お団子も美味しいのですが、何より秋の月はいつもより綺麗な気がします!
古くから仲秋の名月として親しまれている秋の月ですが、一体なぜ秋の月は綺麗に見えるのでしょうか?
というわけで今月は、「ヴァーモントの月」という曲の紹介です。
「せせらぎの中漂う銅貨は、落ち葉、鈴懸の木にヴァーモントの月。」アメリカ東部のスキー場として有名なヴァーモントの美しい月光に照らされた景色を描いた歌です。
1944年にジョン・ブラックバーンが詞を書き、カール・スースドーフが作曲した歌。
マーガレット・ホワィティングの歌ったレコードでヒットしたが、ジョニー・スミスのギターによるレコードも有名だ、ジョニー・スミス……懐かしい名前である。
懐かしいと同時に、このギター界の巨匠が今ではすっかりジャズ・ファンの関心の外にあるという不当な現実を、改めて認識させずにはおかない偉大なる名前でもある。
私はギターという楽器が好きだ、子供の頃は、ベンチャーズ、スプートニクス、「キャラバン」「ダイアモンド・ヘッド」「霧のカレリア」そして、高校の頃は、テンイヤーズ・アフターの「アルビン・リー」が好きだった。
大人になって「タル・ファーロー」「ウエス・モンゴメリー」そして、「ジョニー・スミス」と彼のギター・サウンドは、ハーモニーを最後の一音までハッキリと弾きだす。
コード・ワークの微妙さは、その才たるものである。
後期浪漫派的な、満ち足りた世界がジャズ・イディオムで繰り広げられているのです。
「ヴァーモントの月」のムードを、ジョニー・スミスよりサトルに表現し得た者はいない。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る