BlueNote セロニアス・モンク【ジャズ壱】

今月は、ブルーノート・レーベルを立ち上げた、アルフレッド・ライオンの話から、セロニアス・モンクのアルバムの話を。
アルフレッド・ライオンは、1908年4月21日、ベルリン生まれ、両親の音楽好きの影響を受け、アメリカ行きを決意、ニューヨークへ上陸するが、移民ゆえの迫害を受け、惨憺たる暮しを幾年か辛抱し、結局ベルリンに戻ったが、祖国はヒトラーの率いるナチスが、全権を牛耳り、ユダヤ人は、迫害の憂き目にあっていた。
1933年、ライオンは母親とともに南米チリに、チリで数年を過ごし、彼らはニューヨークに移住、ジャズの中心地、ニューヨークに安住の地を見つける。
そんな折しも、38年12月23日、カーネギー・ホールで「フロム・スピリチュアルズ・トゥ・スイング」と題されたコンサートが行われ、そこで彼はブギウギ・ピアノのトリオ演奏を聴いた。
「アルバート・アモンズ」「ミード・ルクス・ルイス」「ピート・ジョンソン」の演奏を聴き、その2週間後に、いきなりブルーノート・レコードを設立した。
彼の趣旨は、ホット・ジャズ及びスイング・ジャズ全般において、妥協のない作品を世に送り出すことだった。
1947年、名テナー奏者アイク・ケベックの紹介で、ビ・バップ・ミュージシャン「タッド・ダメロン」「バド・パウエル」「セロニアス・モンク」といった新進プレイヤーに会い、この新しい音楽に傾倒していった。
その結果、47年9月26日に、ファッツ・ナバロをフィーチャーしたタッド・ダメロン・セクステットを10月から11月にかけてセロニアス・モンクの初レコーディングを行っている。
この時ライオンは、モンクの音楽の特異性、訴求力、烈しいスイング感にほれ込み、大方の酷評や淋しい売り上げにもめげず、ブルーノートは52年にいたるまで、この誤解された天才をバックアップし続けて行く。
ブルーノート様、このユニークな音楽をありがとう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る