この号が発行される頃は桜も散りますます、うららかな春になります。
そんな心ウキウキする春にピッタリな曲の紹介です。
「パリの4月」内容はロマンチックなものです。
「パリの四月、マロニエは花咲き木々の下には休日のテーブル パリの四月、この気分誰も他では味わえない 私は春の魅力を知らなかったそれに触れることなんてなかったもの 私の心が歌えるなんて気がつかなかった 暖かい抱擁が恋しいとも思わなかった パリの四月を味わうまで・・・」
この曲を哀愁感たっぷりに歌う奏者がいます。
名を「チャーリー・パーカー」彼は、モダンジャズの開祖であり、アルトサックスの開祖でもあり、アルトサックス奏者のほとんどが、彼の奏法を学び発展していったのです。
「ジャッキー・マクリーン」「フィル・ウッズ」「ソニー・スティット」「渡辺貞夫」「ソニー・クリス」「チャールス・マクファーソン」「ルー・ドナルドソン」など一流の奏者であり、イミテーターでもあります。
すべての芸術はマネから始まるのです。
マネから発展が始まるのです。
さて、本題にもどります。
チャーリー・パーカーの人となりは、クリント・イーストウッド監督「バード」を見れば理解できると思います。
彼は、破滅型の芸術家でした。
若い頃から麻薬とアルコールに耽溺して心身の健康を損ない、幾度も精神病院に入院するなど破滅的な生涯を送った。
1940年代末期以降は演奏に衰えが見られるようになっり衰弱により心不全で早世してしまう。
そんな彼の吹く「パリの4月」は自分の暗い過去を振り返るような哀愁感溢れるソロになるのでしょうか。
私にはそういうふうに聞こえる。
このアルバムは、彼がアメリカで格式の高い劇場、カーネギーホールで、念願のストリングスと演奏したものです。
パーカーはウイズ・ストリングスでも、純粋で、素直に自己を表現しているので、聴くひとの胸に届くのではないかと…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る