この号が発行される頃は桜も散りますます、うららかな春になります。
そんな心ウキウキする春にピッタリな曲の紹介です。
「パリの4月」内容はロマンチックなものです。
「パリの四月、マロニエは花咲き木々の下には休日のテーブル パリの四月、この気分誰も他では味わえない 私は春の魅力を知らなかったそれに触れることなんてなかったもの 私の心が歌えるなんて気がつかなかった 暖かい抱擁が恋しいとも思わなかった パリの四月を味わうまで・・・」
この曲を哀愁感たっぷりに歌う奏者がいます。
名を「チャーリー・パーカー」彼は、モダンジャズの開祖であり、アルトサックスの開祖でもあり、アルトサックス奏者のほとんどが、彼の奏法を学び発展していったのです。
「ジャッキー・マクリーン」「フィル・ウッズ」「ソニー・スティット」「渡辺貞夫」「ソニー・クリス」「チャールス・マクファーソン」「ルー・ドナルドソン」など一流の奏者であり、イミテーターでもあります。
すべての芸術はマネから始まるのです。
マネから発展が始まるのです。
さて、本題にもどります。
チャーリー・パーカーの人となりは、クリント・イーストウッド監督「バード」を見れば理解できると思います。
彼は、破滅型の芸術家でした。
若い頃から麻薬とアルコールに耽溺して心身の健康を損ない、幾度も精神病院に入院するなど破滅的な生涯を送った。
1940年代末期以降は演奏に衰えが見られるようになっり衰弱により心不全で早世してしまう。
そんな彼の吹く「パリの4月」は自分の暗い過去を振り返るような哀愁感溢れるソロになるのでしょうか。
私にはそういうふうに聞こえる。
このアルバムは、彼がアメリカで格式の高い劇場、カーネギーホールで、念願のストリングスと演奏したものです。
パーカーはウイズ・ストリングスでも、純粋で、素直に自己を表現しているので、聴くひとの胸に届くのではないかと…。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インフォメーション

  1. 2024-7-13

    睡眠不足がもたらす健康リスクとは?⑥

    睡眠改善のためのヒントとアドバイス  ストレス管理と睡眠の関係 ・ストレスがたまると、睡眠不足の…
  2. 2024-7-13

    支援団体に  自動車税一千万が課税

    [caption id="attachment_22457" align="alignleft" w…
  3. 2024-7-13

    伝えて槻丸 №12 第84回 たかみや えみこ

    【中古】 秘伝4コママンガの描き方 今日からキミもプロ作家!! / ドラクエ…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 唐朝(とうちょう) 唐の朝廷。 唐の時代 名君(めいくん) 国家を 統制することに すぐ…
  2. [caption id="attachment_22317" align="alignright" …
  3. [caption id="attachment_22308" align="alignright" …
  4. 地域の疑問やあなたのアイデアを聞かせて下さい。 独自の文化や観光の魅力をたくさん持っている岩槻です…
  5. だれでもできる簡単なおもちゃづくり(材料費等無料) 【日時】①7月20日(土)②7月27日(土)③…
無料イラスト素材【イラストAC】

岩槻について

  1. 2024年6月末、会社の行事で沖縄県に訪問した際、名前とメッセージを即興で書いてくれる書道家のAさん…
  2. ――その後現場から離れて経営側から関わるようになったと思うのですがショーの世界でやっていてよかったで…
  3.  学童で働いていた私が子供との関わりを綴る日々の記録です。 学童は第二の家庭と言われますが、何十人…
  4. 「夢」 それは希望 努力の彼方 暗い場所から見た光 逆境に対する意志 新しい出会い &n…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る