今月も、申し訳ございませんが「パリの4月」を。
この曲は色々なジャズ演奏家が演奏し、かつ、名演も多いので今月も取り上げることになった次第です。
1950年代の黒人のジャズ・ミュージシャンは、迫害もあり、また白人ミュージシャンもジャズ・ミュージシャンにつきものの麻薬、アルコール中毒にひたる毎日に嫌気がさし、迫害のないヨーロッパに憧れていた、現に、バド・パウエル、デクスター・ゴードン、ケニー・ドリューなどは、ヨーロッパに居を構えて、演奏していた。
ですからこの曲には感慨深いものあるのではないか、今日はその中から、LPタイトルもそのまま、「パリの4月」カウント・ベイシーと彼のオーケストラを選んでみました。
まず、ジャケット写真ですが、これは、実際に現地で撮影したものではないようです。
当時のカウント・ベーシ・オーケストラのメンバーは充実しており、ジョー・ニューマン、サド・ジョーンズのトランペット、ヘンリー・コーカー、ベニー・パウェル、ビル・ハギスのトロンボーン、マーシャル・ロイヤルのアルトサックス、フランク・フォスター、フランク・ウエスのテナーサックス、カウント・ベーシーのピアノ、フレディー・グリーのギター、エド・ジョーズのベース、ソニー・ペインのドラム、その快適にスイングする演奏は、ビッグバンド・ジャズのお手本と言われ、また、フレディー・グリーのリズム・ギターがよりスイングさせ、要所要所にベイシーのピアノが程よいスパイスとなり、曲に緊張感を与えるまさしく、ビッグバンド・ジャズの手本。
そして、このアルバムには、ベーシー・バンドの有名曲満載、「コーナー・ポケット」「スイーティー・ケイキ」「シャイニー・ストッキング」「ワッツ・アム・アイ・ヒア・ホー」「ミジェット」など、カウント・ベイシー・オーケストラのヴァーヴ・レコードにおける傑作アルバムである。
余談になるが、もう一枚「ベイシー・イン・ロンドン」も良い。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る