A Handful of Stars 【ジャズ壱】

今月ももうすぐ七夕の季節、夜の空に星が輝き、昔の人は天の川にロマンを求め、「織姫」と「彦星」の物語を創作した。
「星、スター」は私たちのロマンであり、憧れなのでしょうか?
「手に一杯の星」『AHANDFUL OF STARS』何ともロマンチックな歌詞です。
この曲は映画『HULLABALOO』の挿入歌で、グレン・ミラー楽団も演奏している曲で、私の大好きな『スタン・ゲッツ』が「スタン・ゲッツ・アンド・ザ・クール・サウンド」というアルバムで演奏している。
この美しいバラードをゲッツは、一音一音をいとおしむようにしながら、ロマンチックに唄い綴っていく。
彼のテナー・サックスのアプローチは、誰にもまねができない奏法であった。
ハリー・アレンが似ているというかもしれないが、彼が心から音楽をスイングしている時のゲッツは、誰にもまねができない。
ソフトでクール、ハードでホットな音色が一曲に奏される、乗った時のゲッツは素晴らしい音楽を私たちに聞かせてくれた。
彼は,麻薬に代わってアルコール依存に悩まされつつも演奏活動を精力的に続け、癌との闘病生活を続けた末に1991年6月6日、肝臓癌によりこの世を去った。
このアルバムは、1953年4月、1954年1月と11月、1955年1月と8月に録音したもので、53年と54年11月の録音は、ヴァルブ・トロンボーン奏者、ボブ・ブルックマイヤーとのクインテット、54年1月はピアニスト、ジミー・ロールズとのカルテット、55年8月はピアニスト、ルー・レヴィとの同じくカルテット、55年1月は、トランペッター、トニー・フ
ルッセラとのクインテットのセッションが盤に刻まれている。
50年代前半は出来、不出来の差が激しいが、光るものもある。
ジャケットが夏らしいのも、この時期にはいい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 夏の恒例行事「2018人形のまち岩槻まつり」が8月19日(日)に開催された。 そして「岩槻JAZZ…
  2. 市松人形
    市松人形 五節句の一つ「重陽の節句」をテーマとした様々なイベントが、NPO法人 岩槻・人形…
  3. 岩槻区尾ヶ崎の「光秀寺のカヤ」は、幹周り5・37mという岩槻区内最大の巨木です。 さいたま市の…
  4. 河合小学校近くにある平林寺赤坂沼を訪ねてみた。 今から650年ほど前の南北朝時代に、この近くの…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る