10年後を見据えた 城下町岩槻の街並みづくり

岩槻区がさいたま市へと編集してから、今年、2020年で15年目になる。
現状、行政による目立った行事はないようだが、この街が持っている特徴や魅力に磨きをかけなければ、いずれどこにでもある街として衰退してしまう危機感もある。
今年は2月に目玉として、岩槻人形博物館もオープンした。
それに続き、期待したいのがさいたま商工会議所が提案している、岩槻城址公園周辺での岩槻城復元構想である。
いかなる物事も、構想から実現までには相当の期間と多額の費用。
そして、地域で一丸となった熱量が必要だ。
現在の新型コロナウイルス感染症による行政の経済的負担なども考えれば、従来の行政を中心とした枠組みとは異なる、市民参加型かつ行政との協働による街づくりも必要になりそうだが、おそらく実現には時間もかかるだろう。
そこで、岩槻城復元につながる行政と市民の協働を想定した、旧・日光御成街道の街並みづくりを考えてみた。
まずは、道路拡張により歩道を整備する。そして、昔の面影が消えてきた加倉から渋江までの区間には街路樹を作り、城下町ならではの風情を感じさせる樹木へと10年計画で植え替え、子どもたちも喜ぶキャラクターに刈り込めるものへ変えてみるのはどうかと思った。
実際に街並みを映像で再現してもらったが、いかがだろう。これからの街づくりは、地元の私たちが先導して、労力や費用負担も覚悟する時代になりそうだ。
【編集部・奥山】

岩槻城址公園整備イメージ図
岩槻城址公園整備イメージ図

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る