鳥の話〜後編〜

二代目、三代目……と、命を全うする度に新しい鳥を飼った。
そして今いるのは子供が選んだのだが、(私が気に入ったのとは別の鳥だけど)我が家に鳥がいるのは、きっと一代目と出会った時に決まっていたのだ。
出会う前からずっと、私は鳥に惹かれていたのだから。
インコに家族中が教え合ったが、覚えたのは「おはよう」だった。
手に乗って話し手の口元と目を凝視する姿は行儀のよい生徒だが、残念ながら覚えは悪かったらしい。(どうして覚えてほしい言葉を覚えず、どうでもいいことはよく覚えるのか、いまだに不思議だ。)
構ってあげないと肩に乗って耳たぶを噛む。
非常に痛い。
肩には乗せないようにするが、気づいたら(冷蔵庫を開ける時とか)乗ってくる。
それ自体は、嫌いではない。
そんなことだから、耳たぶを噛まれるのだが。
鳥が体調を崩した。
寒いのが苦手らしい。
病院で貰った薬はなんと人に処方する薬が少量になったもので、人もまた動物ということなのか、それとも鳥が人らしい動物ということなのか、不思議だ。
病院から帰ってくると「ここ」と注射の痕を見せ、家族の同情と共感を得ていた。
病院通いの時に、待合室でひたすら「いいにゃ、うれしいにゃ」と連呼するのは、さすがに恥ずかしくて参った。(当然ながらいるのは私だけではない。)
話し好きなこの鳥が家族みんな大好きで、なんだかんだとこうして書いたけれど、そういうところも含めたすべて、私は嫌いではないのだ。
【たかや】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. ◆以下のフォームよりお問い合わせ下さい。 [contact-form-7…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。さいたま市の東…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る