鳥の話〜前編〜 作=たかや

どうして鳥が好きだったのか覚えていない。
いつから好きだったのかも。
多分子どもの頃だったと思う。
なぜか鳥の声が耳に残ったのは覚えている。
いつも鳥の声を探していたし、鳥の鳴き声が聞こえる朝が好きだった。
空を横切る鳥を見るのが好きだったし、雀を見るたびに足を止めた。
鳥の名前なんて関係なかった。
私から触れはしないけど、近づいてくる警戒心のなさに、親しみを感じたのだと思う。
それから5年ほど経って、私はインコと出会った。
耳に鳥の鳴き声が入ってきた。
いつもと違うのは、聞こえたのではなく、入ってきたということ。
避けようもなく、声が届いたのだ。
声のする方へ行ったらペットショップだった。
個人でやっているようなこじんまりとしたところで、そこにいたインコを一目見て、私は一緒にいたいと思った。
その時を思い返してみると、鳥は好きだったけれど、一緒にいたいと思ったのはこれが初めてだった。
飼ってみて我が家にきたインコを抱いてみた。
その温かさは衝撃的だった。
命の温度だと思った。
命がそのまま両腕の中に納まっているかと思うと、感動は一瞬で畏怖に変わった。
それまで触れようと思ったら飛んで行ってしまうイメージしかなかったけれど、触れられるんだって思うと、どこかへ行ってしまう鳥はもうそこにはなく、我が家にいる鳥は、そこにいるのが当たり前の、家族になっていた。
<後編に続く>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2018-10-9

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム 掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★ [c…
  2. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 先に行われた「重陽の節句」イベントでは、市松模様の衣装を着た人形が展示されていましたが、2020年に…
  2. 2018/11/10

    コスモス祭り
    南下新井  コスモス祭り   (10 月20~21 日) 日本の秋の代表的な花にコスモスが…
  3. 釣上地区で行われた子どもたちの土俵入り 日本の国技である相撲。 岩槻にもその伝統を継ぐ行…
  4. 孔雀の舞尾羽根を広げて舞う 様子(写真提供:久伊豆神社) 宮町の久伊豆神社では、1938(…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る