音楽と私 「三善晃の合唱曲」

らうんじ【岩槻】特別編集ページtamakoti

合唱曲の中でも、三善晃の曲は妙に難解で技巧的だ。
合唱界の中だとかなり有名な作曲家であるが、学校内の合唱コンクールではめったにお目にかかる機会がない。
私がこの人の曲に当たったのは高校1年生のとき。「生きる」という混声4部合唱曲だった。
谷川俊太郎の詩に乗せて、静かにひたひたと「生きること」について語る場面から、曲が終盤になるにつれて「生きること」について湧き上がるものが抑えきれないという風に場面で「生きること」の意味合いが変わってくるのがこの曲の最大の魅力だと思う。
合唱曲や器楽の作曲家かと思いきや、じつは、赤毛のアンという昔のアニメのオープニングテーマとエンディングテーマを作っていたことを最近知った。
流石の三善サウンド、とても美しいがよくよく聞いてみるととても難しいメロディーラインに添えられたオーケストラ伴奏。うーん、たまらんなあ。
ちょうどこの時期、というか、1960年代から1970年代はテクノサウンドが流行った時期で例にも漏れず三善晃もその影響を受けた。
有名なもので言うと5つの童謡と言う合唱組曲がある。
これがまた難解だ、なにより曲のテンポの速さもさることながら、音の跳躍が激しく歌い手の技術力が問われる。
これが一時期、全日本合唱コンクールの自由曲として流行ったそうだ。
合唱から離れてみるとそんな難しい曲を歌うこととは無縁になる。
不意に恋しくなってしまうのは、かっちり歌えた後の爽快感をまた味わいたいからなんだと思う。
【うえぽん】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. しっぽフェスタ中止

    2020-4-25

    お寺Deしっぽフェスタ開催中止いたします!

    コロナの影響により、お寺Deしっぽフェスタは、開催を中止いたします! 楽しみにしていた方々、及び関…
  3. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る