若者の提言 投票率低下を憂う

2019年4月7日(日)に埼玉県議選、さいたま市議選の投開票がおこなわれた。
岩槻区では、県議は候補者が1名であったため無投票で当選をした。
市議選には定数5に対して候補者が6名 であったため、投票によって市政を担う議員が選ばれるという重要な選挙となった。
しかしながら、投票率は10区で最下位であった(図1)。
これにより、さいたま市全体の 平均を岩槻区が大きく下げることになった。
さらに深刻なことに年々投票率は下がっているということだ(図2)。
もちろん、若年層の投票率の低さも問題ではある。
ただ、他の世代も全体的に下がり続けている現状が岩槻区にはある(図3)。
引き起こす原因は、政治への無関心さか、政治への期待感の希薄さか、選べる候補者の少なさか。
いずれにしても、一部の民意によって岩槻区の政治家が決定されているということだ。
今回の選挙では、投票権をもつ有権者約9万4000人いるなかの約3万人で4年間を担う政治家を決め てしまった。
これをどのように捉えるかは読者に委ねたい。
私の所論としては、市民へ政治教育をする必要があると考えている。
どのようにして自治体は運営されているのか、議員が果たしている役割はなにか、ということを理解する。
そうすることで自身の住んでいる地域や将来の子どもたちにとってなにが有益になることか分かるというものだ。
投票は地域を変える一つの手段にすぎないが、何もせずに嘆くより、まずは一歩行動をしてみよう。
投票率が上がることで議員も緊張感をもち市政運営をしてくれるに違いない。
政治に何かを求めるよりも、まずは市民みずから変わることが求められているのではないか。
あくまで政治家は市民の代表としての役割にあるため、私たち市民が岩槻の未来を決めるのである。
だからこそ、自分の意思表示を投票で示すことの大切さがあるのではないか。
私は、市民から政治意識を変えることを今後も提言していきたい。
【さいたま市若者会議・代表/法政大学法学部2年 尾舘祐平(岩槻区在住)】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…
  2. 2019-6-10

    福祉作業所「ふくふく」

    【参加予定】8/18㈰岩槻祭り(市宿通り) 8/31㈯目白大学流しそうめん地元の福祉作業所「ふくふく…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  2. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  3. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  4. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る