花にまつわる意味とお話 「あじさい」

あじさいは「藍色が集まったもの」という意味の「あづさい(集真藍)」から名付けられたといわれます。
英名のハイドランジア(Hydrangea)は、ギリシア語の「水の器」が語源です。
現在多く使われる「紫陽花」は、平安時代の学者・源順(みなもとのしたのごう)がこの字を当てたことで広まったとされます。
あじさいは土壌の性質や、咲いてから散るまでの間に花の色を変えることから「七変化」の別名もあります。
酸性の強い日本の土壌では青~青紫が多く、アルカリ性の強いヨーロッパの土壌ではピンク~赤紫が多くみられます。
変わりやすい色合いは、花言葉の「変わりやすい心」を連想させます。
青みがかった花だと「高慢、辛抱強い愛情、冷たい美しさ」を表し、日本では雨に耐え忍ぶ、美しい姿をイメージさせます。
ピンク~赤紫色の花だと「元気な女性」と、フランスでは表されます。
ヨーロッパの土壌では赤やピンクに色づきやすく、現地の開花時期はカラリとしてとても過ごしやすい、穏やかな季節なのです。
日本であじさいが咲くのは梅雨どき。
雨の日が続くと憂鬱になります。
つかの間の曇り空では日の光が淡く、濡れたあじさいの姿はいかにも涼しげで、まるでそれは雨の景色のようです。
傘にあたる雨の音を聞きながら、道で見かけるたびに「雨も悪くないかな」といつも思うのです。
【詩人・大野弘紀】

あじさい

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2017-11-10

    PCサポート倶楽部

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間…
  2. お問合せは下記連絡先まで。内容により掲載ができない場合もございますので、…
  3. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  4. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  5. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…

ピックアップ記事

  1. 共栄大学ジャズサークル
    共栄大学ジャズサークル 紺野トリオ 「岩槻駅東口クレセント・モール」で平成30年…
  2. かみしもどーる
    清水勇人さいたま市長への贈呈式の様子 岩槻人形協同組合と文京学院大学との連携により誕生した…
  3. 朝顔市
    昨年開催の様子 平成30年7月1日(日)の午前9時から午後2時まで、岩槻駅東口クレセントモ…
  4. 元荒川と黒浜の田んぼ。 東岩槻の工業団地を西へ抜けると、蓮田市黒浜の田んぼが広がる。 元荒川( …
ページ上部へ戻る