極楽浄土そのもの 幻想の世界に咲く蓮

蓮はインド原産で、開化時期は7〜8月。
花の色は白や桃色です。
早朝に咲き、昼頃には規則正しく閉じて1枚ずつ散っていきます。
花の中心の形状がハチの巣に見えることから「はちす」と名付けられ、やがて「はす」になったそうです。
花言葉は「清らかな心」「神聖」「雄弁」「沈着」「離れゆく愛」「救済」「休息」と様々。
仏教に関係のあるものが多いです。
理由は、泥水から美しい花を咲かせるその姿が、仏様の智慧(ちえ)や慈悲の象徴とされたからです。
よい行いをすると、死後は極楽浄土で蓮の花の上に転生すると言われています。
極楽浄土は蓮の花の形なのです。
また、蓮は神聖の象徴とされています。
生まれたお釈迦様が歩きだし、足跡から開花した蓮の花の上に立ち「天上天下唯我独尊」と言ったそうです。
お釈迦様は「人生は苦しみであり、苦しみ無しに人は悟ることができない」と教えます。
悟りの世界とは、すなわち迷いの無い心の安定の地という意味です。
 なみに、西洋の伝説に黒い蓮が出てきますが、自然界に黒い蓮はありません。
古代ギリシアの詩人ホメロスの長編『オデュッセイア』によると、オデュッセウスがギリシアの帰途に漂着した島に住むロートパゴイという人々が食べていたのがロートスの実でした。
とてもおいしく、世の苦痛を忘れるといいます。
日本と海外で共通するのは、蓮が「実在しない世界に存在する花」とされていることです。
人びとは心に咲く一凛の花に、蓮の姿を重ねたのかもしれませんね。
【さかい】

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


インフォメーション

  1. 2020-5-25

    コロナで使えるLINEスタンプ

    コロナで使えるLINEスタンプ 医療関係者に感謝、テレワークで使えるLINEスタンプの紹介です! …
  2. 珠花散骨

    2020-2-27

    春日部小淵山観音院にお参りの出来る散骨OPEN!

    お参りの出来る散骨OPEN! 春日部で由緒ある小淵山 正賢寺 観音院にて珠花散骨とペットの合祀墓、…
  3. WEBらうんじ出店希望

    2019-6-10

    らうんじへのWEB出店

    WEBらうんじ出店希望申請フォーム掲載ページサンプルなど詳しくはこちらをご覧下さい。→★[conta…

『らうんじ』からの募集・告知

  1. 健康づくりと仲間づくり 健康づくりには歩くことが一番です。あなたの時間で…
  2. 弊紙「らうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております…
  3. 岩槻の地域情報紙「らうんじ」では読者のみなさまからの投稿、記事に対するご…
  4. 地域情報紙「らうんじ」は、ポスティングにより各世帯へと配布しているほか、…
  5. 「WEBらうんじ」では企業や団体、店舗などの広告掲載を随時受付けております。 バナー作成も致し…

岩槻について

  1. 純米酒「岩槻黒奴」
    岩槻について 岩槻区(いわつきく)は、埼玉県さいたま市を構成する10区のうちの一つです。 さいた…
  2. 城址公園の桜
    岩槻の主な観光スポット ◆ 岩槻城址公園 ◆ 所在地 : さいたま市岩槻区太田3-4 東武野田…
  3. 岩槻の主なイベント ◆人形のまち岩槻まちかど雛めぐり【2~3月】 2月中旬~3月中旬に開催。 …
  4. 情報誌「らうんじ」とは、埼玉県さいたま市岩槻区を中心に、3万1千世帯へ月1回「直接ポストイン」してい…

アーカイブ

過去記事

イベント終了などで移動になった記事はこちらから

移動済み情報記事一覧へ

 

ページ上部へ戻る